FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (08) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

(あ……ああ……はいってくるぅ……サイトがいるのにぃ……あ、あかちゃんの部屋が……)
「ルイズ? どうしたんだ? なんか変だぞ? どこか、痛いのか?」
 心配したのか、サイトが近寄ってくる。あと数歩で、机の陰に隠れたルイズの姿が見られてしまう。
 バックからルイズを犯しているマリコルヌの姿も――
(見られちゃう……ばれちゃう……サイト以外の男の子とセックスしてることが……ぁあああああ!)
 恐怖よりも背徳の快感が全身を貫く。
(ごめんなさい、サイトぉ……わたし、サイトのこと愛してるけど……大好きで、大好きで、あなたのことを思うと泣きそうになるくらいだけど――)
 でも。
(オチンチン、きもちいいよおッ!)
(あああ、ルイズのまんこが、吸い付いて、うねって、たまらないいいいいっ!)
 マルコリヌがルイズの胎内の奥深くに性器を埋めて、痙攣する。
(出るっ! 出るぅうううううっ!!!)
 びゅばっ!
 ルイズの子宮に亀頭をこじ入れて、マリコルヌが激しく射精する。精虫たっぷりの濃厚ミルクがルイズの子宮に流し込まれる。
 胎内を熱いしぶきで満たされたその瞬間、ルイズも限界を超える。
「いくッ! いくうッ! サイトに見られてるのにぃいいい……おまんこイッちゃってりゅううううううううううっ!」
 爆発――
 ルイズの意識が白熱する。炸裂する。粉々に飛び散る。
 エクスプロージョン。
 ルイズの魔法も暴発していた。

ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (07) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

「へぁ? ……サ、サイトぉ!?」
 ルイズは素っ頓狂な声をあげる。
「コルベール先生のところに資料届けてきたけど……まだそこにいたのか」
 自習室の奥にいるルイズの姿までは見えていないらしい。
 ――見えていたらたいへんだ。



ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (06) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

「や、あつぅい!」
 桃髪にも容赦なくマリコルヌの精液がかかる。
「いやあ……こんなベトベトぉ……」
 半泣きのルイズ。唇からは口内射精された名残の白濁液がこぼれおちてくる。
「なんだ、前は飲んでくれたのにさ」
 マリコルヌがつまらなさそうに言う。
「そんなの無理にきまってるでしょ!?」
 ルイズは起き直り、ハンカチを取り出して、顔や髪についた精液をぬぐう。
「やだ、制服にもついたじゃない。シミになったらどうしてくれるのよ!」
 天然のお嬢様だから、ついツンケンとした態度をとってしまう。
 だが、マリコルヌはヘラヘラ笑っているばかりだ。
「そんなこと言ってていいのかい? ほら、フェラして興奮したんだろ?おまんこ、すごいことになってるけど?」
 指摘されて気づく。ルイズのソコは真っ赤に充血し、じゅんじゅんと愛液にまみれてしまっている。
「そ……そんなの、か、わたしの勝手でしょ!? べ、べつにあんたが好きでこうなった訳じゃないんだから!」
 脅されなければ、どうしてマリコルヌなんかと――ルイズは思う。
「ふうん……そう。じゃあ、これっきりにしようか」
 射精してスッキリしたのかマリコルヌが言う。
「の、望むところよ……」

ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (05) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

「うそよ……こんな……でたらめだわ」
 よろけながら、机から離れるルイズ。
 キッと表情を変える。
 再生機に向けて、メイジならば肌身離さず持っている杖を振り上げる。
「おっと、だめだよ、ルイズ。こんなところでエクスプロージョンの魔法なんか使ったら、いくらきみでも退学ものだ」
 マリコルヌは手早く水晶球をポケットにしまいこむ。
「こんなの、本物じゃないわ! 誰かが作った幻影よ! そうだわ――だれかが魔法で……!」
「残念ながら、わが騎士隊にそんな凄い能力を持った者はいないよ。いたら大変だ。いくらでも妄想の映像をつくって大もうけできるからね」
 AVなどない世界である。少年達はエロに飢えている。
「これは実録ものだよ。その証拠に――ぼくは思い出してきたよ。映像を見ているうちに、ね」
 ルイズは、よく見知っているはずのクラスメートの顔に邪悪なものを感じ、後退った。
 人気のない自習室――今は確かにそうだ。ルイズとマリコルヌ以外、だれもいない。
「ルイズ、きみも映像を見たろ? きみも思い出したんじゃない?」
 たしかに――記憶が、よみがえっていた。
 信じられない。信じたくはないが――ルイズはマリコルヌのペニスの味を――舌先に残った感触を――思い出していた。そして、挿入されたときの圧迫感、喪失感、と同時にもたらされた巨大な快感を――
「ど、どうしたら、いいの……わたし……もう……」
 サイトに知られたらおしまいだ。処女どころか、とうに雌犬になってしまっていることが最愛の人に知られてしまったら――
「ルイズ、ゼロのルイズ――でもいまや、トリステインの聖女――ぼくはきみを尊敬してる」
 マリコルヌは言った。
「きみは虚無の魔法の使い手で、この国にとってかけがえのない存在さ。そんなことがなくたって、きみはぼくの誇らしい戦友だよ。そんなきみをぼくは助けてあげたい」
「マリコルヌ?」
 まさか、ないしょにしていてくれるのか――ああ、デブでもマリコルヌも貴族、紳士のはしくれ、女性の弱みにつけこむなんてことは――
 マリコルヌは「いい顔」で微笑んだ。
「パンツ、見せてくれるかな、ルイズ?」

ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (04) 

カテゴリ:ゼロの使い魔


「な……なんだ、これは」
 映像を見終わったマリコルヌは呆然としていた。
 股間を思わず握りしめていた。先端からはカウパーがだだ漏れになっている。
 思わずオナニーをしていた。
 映像の中で自分が射精した瞬間、それがわかった。感触がよみがえった。ルイズの膣内の感触が。その温かさ、柔らかさ、湿りけに、重み、匂い、味などが、一気によみがえってきた。
 人生で最も気持ちよかった射精――その感覚が。

 と。

ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (03) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

 そして、次の水晶球では――


ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (02) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

 まんこ。

 いきなりドアップで映ったので、マリコルヌは噴いた。
 M字開脚しているらしい。
 まちがいなく女の子のアソコだ。
 くぱあ、している。
 無毛の、子供みたいに綺麗なまんこだ。ピンクの粘膜が広げられてすべてが丸見えだ。
 クリトリスや尿道孔、膣穴の奥の粘膜さえ見える。撮影者はかぶりつきだったのだろう。
 おれはいったいどういうことだ? あの天幕に、女の子がいた? しかも、アソコをみんなに見せているとか――

 マリコルヌは興奮しながら次の水晶球を再生する。

ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (01) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

 マリコルヌは信じられない思いだった。
 目の前の光景に。
 桃色ブロンドの美少女が顔を真っ赤にして、自分でスカートをたくしあげている。
 白くて細い脚の、その付け根部分と下腹部を覆う小さな布があらわになっている。
 ようするに、パンティ丸見え、だ。
 スカートをたくしあげているのは、ここトリスティン魔法学院に通う子女でも家柄的にはかなりの高位に属するヴァリエール公爵家の令嬢、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。ましてや、トリスタニア王国の女王の親友で、王位継承権さえ授けられている。
 まあ、胸は残念だし、性格も決していいとはいえない。
 しかし、ロリ属性があれば200%陥落間違いなしの童顔の美少女ときている。
 だが、マリコルヌ自身の好みはさておいても、口説きたいとはハナから思わない。なにしろ、彼女は――
 マリコルヌの友人であり、かけがえのない戦友、シュヴァリエ・サイト・ヒラガの恋人なのだ。
 つまり、目の前で、友人の恋人が自らの意志でマルコリヌにパンツを見せてくれているわけで――
 頭が真っ白になりそうだ。
 ええと。
 どうしてこんなことになったのかな。
 マリコルヌは必死で思い出す。
 そうだ。あの記録水晶を拾って――

ルイズとあそぼう!  魅惑の妖精亭へようこそ(9) おまけ 

カテゴリ:ゼロの使い魔

 9.妖精ともっとあそぼう!!!の巻

 サイトは屋根裏部屋への階段を足音も高くのぼった。
 この急傾斜の階段、どういうわけかきれいに掃き清められ、絨毯さえ敷いてあり、まるでVIP用の階段のようだ。
 そんなことは気にせずにサイトは階段をのぼりきると、かつてルイズと過ごした一室のドアに手をかける。
「ルイズ!」
 名前を呼びながら部屋に入る。
 その、目前には――

ルイズとあそぼう!  魅惑の妖精亭へようこそ(8) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

   8 魅惑の妖精亭、よみがえるの巻

 翌日の昼下がり――シエスタとタバサ、さらにはキュルケ、テファまでを引き連れて、ヒラガ・サイトはトリスタニアのチクトンネ通りにやってきていた。
「まったく、ミス・ヴァリエール一人で何ができるというんでしょうか!」
 自分の親戚の家のことでもあり、メイド姿のシエスタは腕まくりせんばかりだ。
「一人で空回りしていないか、心配」
 とはタバサだ。そうなのね、とは側にいるイルククゥ。彼女にドラゴンに変身してもらったおかげで、早く戻ってくることが出来たのだ。
「ま、あの子もそれなりに経験積んでるみたいだから大丈夫じゃない?」
 キュルケは楽観的だ。
「……街って、なんだか怖いです……」
 ティファニアは帽子で耳を隠しながらビクビクしている。街ゆく男達の視線がことごとく自分の胸元を狙っているのを「エルフだと疑われている」と勘違いしているらしい。
 いずれにしろ、トリステイン魔法学院が誇る美少女たちそろい踏みだ。あと、モンモランシーなどもいるが、さすがにギーシュの手前、酒場を手伝わせる相談をするわけにはいかなかった。
 とにもかくにもこれだけ強力な助っ人を連れてきた以上、問題は解決するだろう。心配なのは昨日一晩、ルイズが問題を起こさずしのげたかどうか。いつもの調子で暴れて店を壊してでもいたら目もあてられない。
『魅惑の妖精亭』が見えてきた。いつものように、閑古鳥が鳴いて……いない。
 店にはなんと入りきらない客で行列ができていた。
「ウソだろ……?」


「それがウソじゃないのよ、あたしも驚いてるの」
 ジェシカが忙しそうに立ち働きながら言う。助っ人の少女たちもすぐさま給仕にかり出されていた。
「昨夜の売上もものすごくて、記録よ、記録。なんでも新人の妖精が最高だって一日でクチコミで広がって、お客さんが殺到中ってわけ」
「それ……ルイズがやったんですか……?」
「みたいよ? あの子、いったいどうやって常連さんの心をつかんだのかしらね?」
 首をひねるジェシカ。
「それで、借金のほうは……?」
「そうそれ! それも驚いたんだけど……!」
 ジェシカが大きな声を出す。むろん、満員の店内の喧噪のなかではそんなものは問題にならない。
「お肉追加なのね~」
 ビスチェを身につけて陽気にイルククゥが走り回ったりしている。
「手伝い、ほんと助かるわ。厨房はシエスタに任せておけば料理の質も上がるし、あの胸の大きな子たちもすぐに常連さんがつきそうだし」
 キュルケにテファのことだろう。キュルケは手慣れた様子で妖精をしっかりこなしているし、初々しいテファも何とか仕事をこなしている。とにかく胸が凄いし。
「あの髪の青い子たちもそういう性癖のファンがつきそうだしね」
 寡黙なタバサとやかましいイルククゥはいいコンビだ。特に会計の段になると、タバサが素早く割り勘の計算をするので重宝がられているようだ。
「あっと、借金の話ね」
 ジェシカが話題を戻す。
「昨夜ね、お客に混じってオーナー候補が偵察に来てたのよ。普通の商人っぽい格好してね。それで、ルイズのことものすごく気に入ったらしくて、ルイズが当面のあいだ店を手伝うという条件で、借金をチャラにしてくれたの。魅惑のビスチェも返してくれたのよ!」
「えっ!? 借金が……チャラに?」
「おかげで父さんも一気に元気を取りもどして、あと何日か休めば復帰できそうなの!」
 ジェシカは嬉しそうに言う。
「ルイズもひと月くらいならいいって言ってくれたから……あ、もちろん優先度の高い仕事があったらお休みしていいって言ったわよ、でも、ルイズの方から――」
 このお仕事、気に入ったから、しばらくやってみたいわ――だから、サイトには学院に帰ってもらっても大丈夫だって伝えて――
 と言ったらしい。
「な、なんだよ、それ! ひとがせっかく……!」
 サイトはムッとする。サイトのことはともかく、窮地をきいて助っ人に来てくれたシエスタたちに言うべきセリフではないだろう。
「ルイズはどこです? ちょっと文句をいってやらなきゃ!」
「ルイズなら、屋根裏部屋にいるわ。いま、ちょうどオーナー候補、というかスポンサーが来てて……あっ、サイト、屋根裏は関係者以外立ち入り禁止なの!」
 サイトはジェシカの制止を振り切って、上に続く階段へ――


ゼロの使い魔 ルイズ / 魅惑のビスチェビック タオルゼロの使い魔 ルイズ / 魅惑のビスチェビック タオル
(2008/08/01)
コスパ

商品詳細を見る