FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

なぜ繁殖するのか 

カテゴリ:日記

 ひさしぶりに「ジュラシックパーク」を見て、思った。なぜ生き物は増えようとするのだろう。

 もとより死ななきゃいいのに。

 死は必然ではない。代謝システムは太陽エネルギーなどの供給を受けていれば、無限に継続できる。補修の材料(窒素、炭素など)は周囲にあまりあるほどあるし、生命は自己補修機能を持っているのだから。
 一度きちんとシステムが動きはじめた生命は、本来ならば「不死」なのだ。

 死は、生という「システム」が自らに取り込んだ「機能」だ。

 なんでそんなことを?

 たぶん、「変わる」ためだ。

 個が永久に存続するだけでは変化は訪れない。もしも、彼の生存に適している環境が大きく変化すれば、彼は生き続けることはできないだろう。それは、つまり、彼とともに生命そのものが永久に失われることを意味する。
 異なる環境に適応できるようにするためには、より多くの変異の可能性を持つ必要がある。
 そして、種をまいた以上は、新しい世代の生存のために、旧い世代はリソースを譲り、退場しなければならない。

 それが「死」の意味なのだ。

 つまり、より本質的に「生存」するために、生命は「個」としては死に、生殖を通じて「全」として生きようとしたのだろう。

 というか、えっちが気持ちいいのも、コドモが可愛いのも、そういった、生命の戦略にしたがった現象なのかもしれません。

 ですので、今年もうづきはえっちでロリな小説を書くことにします。

 結論。今年もダメ人間決定な。
 

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/86-f0964ffc