FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーぴぃちぴっとサンがツボな件 

カテゴリ:日記

LO (エルオー) 2008年 12月号 [雑誌]LO (エルオー) 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/10/21)
不明

商品詳細を見る
 数ヶ月前からLO誌に作品を載せるようになった「バー・ぴぃちぴっと」は天才かもしれない。天才というのは、手塚治虫もそうだが量が描けるということだ。寡作家には鬼才異才はあっても、天才はいない。今月、40ページ、濃密かつきゃわいい。やはりバー・ぴぃちぴっとは天才なようだ。
 いや。
 ほんとうにすごいかもしれない。
 バー・ぴぃちぴっと。LO10月号で「かよちゃん」でわりと普通な感じでデビュー。絵は水準以上で、お話もまあまあ。でも、だからといって、強烈な何かがあったわけでもない。
 11月号、一挙2作品掲載。「美咲家の事情」「強引ぐマイウェイ」 36ページ×2
 量もすごいが、「強引ぐマイウェイ」はヒロインなっちゃんのキャラクターが素晴らしい。それまでの2作品は愛らしい絵柄にちょっとダークなストーリー。鬼畜系と言える方向性だったが、「強引ぐマイウェイ」は一転してほのぼの、でもそれだけじゃない。つか、なっちゃん良すぎるだろう。「じゃあ、してみる?」なんて言われてみたい。
 で、12月号では「未開の地で」、40ページ。アマゾンの奥地で6人のロリ妻を持った教授の話。どんな桃源郷だそれ。
 なにしろ出てくる女の子がみんな可愛い。特に次女のツワイ。ロリマンガで「ユルマン」と評されるキャラなんて初めて見た。しかも、それが「癒し」なんだから驚く。
 そして、四女のシヨンはショートカットで普通に好み。
 末っ子のシスクなんて、最強ですよ? 9歳ですし。
 これだけ可愛くてまだ半分です。あと三人いるですよ。

「メンコリ・ロノコ!」

 いやあ、罵倒されてもいいや。

 バー・ぴぃちぴっと、この人の今後から目がはなせない感じです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/64-c8d7898b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。