FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

びっちなおしごと(06) 

カテゴリ:うたかた 美耶子のお仕事

    6

 わずかな時間差をおいての生放送だ。
 反響がほぼリアルタイムでつたわってくる。
 おれはスタジオの隅で呆然としていたが、スタッフの慌ただしさから、それがわかる。
「もの凄い反響です! 電話鳴りっぱなし! 賛否は9対1で苦情ですが、ネットではまったく逆です!」
「バーチャル視聴率(ネットの実況スレの反応から視聴率を類推する技法・的中率95%以上)で30パー超えです! この局ではこのクール最高です!」
「総務省から問い合わせありました。子役の同意書を提出しろって話ですけど――型どおりのヤツですね!」
「放送前からドラマのblu-rayボックスの予約が殺到してるそうです! 過去最高のペースだと!」
 子供の生SEXがテレビ的に受け入れられている。いくら何でもそんなはずは――
「あああっ! 入ってる! おまんこに、先生のオチンチン、おっきいの、入ってるぅ!」
 スタジオに美耶子の声が響く。
 ライトに照らされながら、ベッドの上で、代役の桃山園に後ろから抱きすくめられ、ペニスを入れられている。桃山園がヘコヘコ腰を使っている。黒く塗られた極太ペニスが美耶子の狭隘な膣に押し入り、出たり入ったりを繰り返す。
「ああっ! ぐちゅぐちゅって! おまんこをおっきいオチンチンでかきまぜられて……っ! おまんこ! おまんこ、すご……すごいよぉ……!」
 従来ならば放送禁止のワードを連呼する美耶子。
「いいわよ、美耶子! あんたの『ピー(まんこ)』、キツキツで、今日もいい味してるわ!」
 桃山園のセリフには『ピー』が入る。大人がその言葉を使うのは現在もNGだ。しかし、子供ならばお咎めなし――それも現在のルールだ。子供は伸び伸びと、言いたいことを口にしてOK,というのが、現在のゆとり教育なのだ。
「あ、あああ、あっ! 奥まで……奥はキツイよぅ!」
 桃山園のペニスは、直径は太いが、決して長竿ではない。それでも、美耶子の子供サイズの膣だとすぐに天井に届いてしまうのだ。
「なにいってるの! あんた、自分で奥までキュッキュ締めてきてるの、自覚してないの?」
 この予告編では、すでに監督による演技指導、というネタばらしをしているので、桃山園も平気で声を出している。
 オンエア中の画面ではテロップで、「天才子役・美耶子ちゃん、監督とベッドシーンの練習中!」と出ている。
 きらきらピンクに映像処理された桃山園のペニス――実際には塗料を塗っただけの生ペニスが、美耶子の子供穴に出たり入ったり――結合部からあふれる愛液のジュースが白く泡だって、美耶子のアヌスのくぼみまで濡らしていく。
「うぅ! オチンチン……気持ちいい……っ! おまんこの奥が……あついよ……っ! ふわわっ! あああああっ!」
 美耶子がいきそうだ。演技ではない。
「も、もう少し、がまんするのよ! あ、あたしもそいろそろ、出そうだからね!」
 ピストン運動のピッチをあげる桃山園。
「ああっ! あああっ! イッ……いっちゃう!? それ、すぐイッちゃうよおっ!」
 テロップが『いよいよ発射!? 続きはCMの後……!』と変わり、CMに入る。


 CM中も撮影は続く。
 桃山園が体位をかえる。
 美耶子の上に覆い被さり、ゆっくりと腰をつかう。
 いつの間にかハンドカメラを手にして、ハメ撮り体勢だ。
 美耶子があえぐ表情を撮り、さらに結合部を接写。完全にAVのカメラワークだ。ただし、オンエアは土曜日の昼下がりである。
「ああああ……ももちー……あたし……もお……だめ、かも」
「なにいってんの。いま、カメラはライブに切り替えてんのよ。CMあけにクライマックスもってこなくちゃでしょ?」
「で……でも……ぉ……テレビの生放送でセックスって、イキ時がむずかしいよぅ……」
「なにいってんの、これから、毎週、ドラマのクライマックスは生放送すんのよ? 9時45分になったらイケるようになりなさい」
 水戸黄門の印籠かよ。
「は……はぃい、が、がんばりゅ……」
 桃山園のペニスで子宮を突かれながら、美耶子はけなげにうなずく。
「CMあけです! ここから生放送です!」
 ADが叫ぶ。
「よおし、いくわよお! カメラ! 美耶子のまんこにあたしが出すとこ、しっかり撮るのよ! テレビ業界初の、小学生への生中出しなんだから!」
 カメラマンが潜り込んでいく。桃山園と美耶子の肉の会合点に、むけて。
「CMあけました!」
「いっくわよおおおおおお!」
 桃山園が高速ピストン。
 テレビ画面は、地デジなので圧縮・展開で2~3秒のズレはどうしても出る。
 テロップが、「天才子役・宇多方美耶子(10) ついに生・中出し!」に変わる。
 桃山園のペニスの塗料がなかばはげて、画像処理が甘く――というか、ほぼペニス全露出で、美耶子の性器の奥に叩き込まれる。
 美耶子の声が裏返る。
「いくぅっ! いっちゃううううううっ!」
 ビクンビクン震える美耶子。その広げられた股間に突き刺さった大人チンポがビュクビュク痙攣する。
「で、出てるわよ、美耶子の中! しっかり亜鉛とってるから、濃いわよお……っ」
 今のテレビコードでは、初潮前の少女への中出しはセックスとみなされない――だから、普通に放送される。
 実際、放送されていた。
「いくぅ! いくいくいくっ! ああああーっ! ももちーのオチンポが、中で熱いの、ビュッビュッしてるううううっ!」
 ちゅぽん、ペニスが抜かれる。
 広がった桃色の子供粘膜がぽっかり穴をあけ、そこから、ゼリーのようにとどろった白濁精液がこぼれおちる――
 おそらく、世界で初めてテレビの電波に乗ったシーンだろう。
 それでも、生殖の可能性のない美耶子相手の場合、あくまで、排泄行為であって、性行為ではない――

        つづく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/404-b0ba4d88