FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ねこにゃんNIGHT 2 記録水晶のかけら (07) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

「へぁ? ……サ、サイトぉ!?」
 ルイズは素っ頓狂な声をあげる。
「コルベール先生のところに資料届けてきたけど……まだそこにいたのか」
 自習室の奥にいるルイズの姿までは見えていないらしい。
 ――見えていたらたいへんだ。



「え? ああ! そう! 別の調べ物が……」
 ルイズは机の上に腹ばいになったまま、じたばたする。おしりを振りたくるが、マリコルヌはルイズの腰を押さえたまま――抜きさえしない。
(はなして……っ!)
(だめだよ、ルイズ、いま、ぼくイキかけてたんだから)
(マリコルヌ、あんたバカなの!?)
「――ルイズ? 誰かと話してるのか? 廊下まで大きな声が聞こえてたけど」
「な、な、なんでもないわ! ちょっと発声練習してただけ」
 ルイズは腹ばいになったまま、顔だけ机の陰から出して、とりつくろう。
「ふうん……なんでまた発声練習を?」
 歩み寄ってくる。
「サ、サイト! ちょ、ちょ、ちょっと、待って!――待ちなさい!」
 ルイズは近づいてくるサイトを必死の目力で押しとどめる。
「? なんだよ?」
「そ、その、頼まれて欲しいの――あっ!」
 マリコルヌが腰の動きを再開する。
(ば、ばか、ばか! なんで動くのよぉ……)
(だって、こういうのドキドキするじゃないか。ルイズのおまんこ、キュッキュ締めてくるし)
(好きで締めてるわけじゃ……やん、やん、やああん)
 甘い吐息が漏れてしまう。
「ん? どうした、ルイズ、なんだか苦しそうだけど?」
 サイトが首をひねる。
「な……なんでもないの。それより、サイト、お願いぃ」
「ん? なんだ?」
「――くふっ、あふっ……コルベール先生のところに資料を……」
「だから、渡してきたって言ったろ?」
「じゃなくて……はひぃ……べ、べつの資料を……持って行って……」
 顔を真っ赤にしてあえぐルイズ。何とか言葉をつむぐが、言っていることは支離滅裂だ。
「べつの資料って? いま持って行ったので全部だろ?」
「ぜんぶ……だけど、全部じゃないの……!」
「さっき、別の調べ物っていってたな。そっちの奥に資料があるなら、取りにいこうか?」
 言いつつ、ルイズの方に向かって――部屋の奥に進むサイト。
「だめえっ! おく、だめっ!」
 マリコルヌのペニスに子宮口をツンツンされて、ルイズが思わず声を裏返らせる。
「え、奥に行っちゃだめなのか?」
 足を止めるサイト。
(ルイズのおまんこの奥――子宮口がぼくのチンポをチュウチュウ吸ってくるよ……)
 執拗に奥をほじってくるマリコルヌ。
「お……おく……奥、いいのおぉ……」
 目を裏返らせ、身体を震わせるルイズ。
「は? 奥に行ってもいいのか? どうしたんだ、ルイズ、変顔あそびか?」
 サイトはまだルイズのイキ顔を見たことがないので、それが表情を変えて遊んでいるように思えたらしい。
「よせよ、似合わないぜ? アホみたいな顔になってるぞ?」
「あ……アホじゃないもん……ばかぁ……」
 気持ちよさに泣きそうになりながらもルイズは、なんとか表情をたてなおす。
(ルイズの子宮に――入れちゃうね? 初セックスの時、そうしたみたいに――)
(だ、だめよ、すぐそこにサイトがいるのに……っ!)
(いいよ、ばれたって。ぼくは刹那の快楽にすべてを賭ける男なのさ!)
(キリッとした顔で言わないで……!)
 ぐいいいっ!
 マリコルヌのペニスがルイズの身体の一番奥に侵入してくる。


      つづく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/367-8b6e8298