FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

美耶子のお仕事 「どっきり大作戦!」(01) 

カテゴリ:うたかた 美耶子のお仕事

   美耶子のお仕事 「どっきり大作戦!」

   ■1
 美耶子が子役タレントになって数ヶ月。
 初ドラマが好評だったためか、仕事の依頼が殺到しているらしい。
 学校は休ませないというのが一子ちゃんの方針だから、平日も休日も仕事やレッスンでいっぱいだが、美耶子はテンション高いままだ。
 マジ天職なのかもな。
 実際、猫っかぶりは天才的にうまいやつだから、外面(そとづら)は完璧。
 初対面の相手には礼儀正しく、親しくなると天真爛漫に甘え、過酷な要求には笑顔で応え、リハーサルはグダグダでも本番はバッチリ決める。
 いま、プロデューサーが求める、最高の子役タレント、らしい。
 その美耶子の付き人をやらせていただいております、小鳥遊一です。


 今日の仕事はウジテレビのバラエティ特番。
「超どっきり! スーパー子役まじかるテレビ」
 要するに、人気子役が仕掛け人になって一般人やゲストを騙す、どっきり番組だ。
 放送される度に視聴率20%以上を稼ぐ人気シリーズだ。
 起用される子役はみんな超有名な売れっ子ばかり。デビューしたての美耶子へのオファーは大抜擢といっていい。
 美耶子もこの仕事が来たときにはかなりのはしゃぎっぷりだった。
 そして、ロケ当日の土曜日。いつもの通り元気いっぱいに現場入りした。ロケの集合場所は都内の某公園。近くには遊園地やフィールドアスレチック、野球場などのプレイスポットが集まり、家族連れが多い。公園の敷地には機材を積んだ車や、メイク室や楽屋の代わりにするワゴン車などが駐まり、すでに多くのスタッフが立ち働いていた。
「おはようございまーす!」
 甘いアニメ声であいさつする美耶子にスタッフたちが目尻を下げる。どういうわけかおっさん受けのいい美耶子はどの現場でも人気者だ。本人は自覚していないが、これは天性のものらしい。
「よく来たわねえ、美耶子ちゃん」
 背が低く、小太りな中年男が出迎えるように現れた。サングラスにベースボールキャップがトレードマーク。ディレクターの桃山園だ。
 幾度も不祥事を起こしながらも不死鳥、いやゴキブリのように生き残るしぶとい男。美耶子のデビュー作となったドラマを企画し、ヒットさせたことで、売れっ子ディレクターに返り咲いたのだ。
 おれや美耶子とは犬猿の仲だが、ディレクターとしては優秀なのはどうやら事実らしく、それ以降も人気番組の演出を次々と手がけており、結果、美耶子と組むことがやたら多い。
「監督さん、おはよーございまーす! 今日もよろしくお願いしまーす!」
 営業スマイルを浮かべお辞儀をする美耶子。このへんはおれなんかよりも割り切っている。好き嫌いと仕事は別、というわけだ。まあ、一緒に仕事をすることが増えて、単に馴れただけかもしれないが。
「どうしてあたしがこんなしょんべん臭いガキと毎度組まなきゃいけないのかしらね……ま、窪塚ファミリーのからみだからしょうがないけどね」
 わざとらしく肩をすくめる桃山園。窪塚ファミリーというのは、日本でも有数の辣腕プロデューサー、窪塚ユウイチが率いる役者・タレントやスタッフたちのグループのことだ。会社組織ではなく、自然とできあがったグループだが、日本の人気番組のほとんどすべてに何らかの形で関わっていると言われている。
 この窪塚ファミリーに加わることができれば、人気番組に関わることが容易になりチャンスが増える。芸能界で成功したいと考える者にとって垂涎のコネクションだ。美耶子は窪塚プロデューサーのお気に入りで、特に本人は望んでいないのにファミリー入りさせられた変わり種。一方、桃山園は、うまく美耶子をデビューさせた功績で何とかファミリー入りを許された立場だ。だから、美耶子のことが気に入らなくても邪険にはできないのだ。
「ま、仕事だからちゃんとやんなさいよ、ほれ、今日の台本――っていってもどっきりの仕掛け人だから、台詞は臨機応変にやってもらうけど」
 桃山園は持っていた冊子を美耶子に突き出す。それを受け取りつつ美耶子は無邪気に笑う。
「わー、どんなどっきりかな、楽しみ!」
 人をからかったり騙したりするのは美耶子の最大の趣味だ。たいていその標的はおれだけどな。
 タイトルを読み上げる。
「えーっとぉ、『もしも、美少女子役が<バカには見えない服>を来て遊園地を練り歩いたら!?』って、どういうどっきり?」
「あら、あんた、『裸の王様』のお話知らないの? 見た目通り、バカなの?」
「ば、バカじゃないっ! 『裸の王様』くらい知ってるよ!」
 むしろ小学生の美耶子の方が馴染みが深いだろう。おとぎ話だ。
「ようするにアレでしょ、あたしが『裸の王様』に出てきた『バカには見えない服』を来て外を歩けばいいんでしょ!? カンタンじゃない!」
「そうそう、じゃ、これがその衣装だから、着替えてきて」
 桃山園はニヤニヤ笑いながら、空っぽの両手を差し出した。まるでそこに豪奢なドレスを抱えているかのように演技しながら。
「えっ、でも、衣装っていっても、なにも……」
「あらぁ、もしかして、この服が見えなかったりするのぉ?」
 さもバカにしたような口調で言う桃山園。
「どっきりの仕掛け人失格よねえ、それって……ま、バカだからしょうがないか?」
「くっ……ううう!」
 負けず嫌いの美耶子の表情が歪む。
 しぶしぶながら、それを受け取る仕草。
「な、なかなか可愛い服じゃない。し、しょーがないから、着てあげるわ」
「あ、下着もセットになってるから、全部、その衣装に着替えるのよ。靴だけは自前のを履いてていいわ」
「なっ……!」
 おいおい、それじゃあ、美耶子を靴だけのすっぽんぽんで町中に出すっていうのか? そりゃあ、たしかにどっきりするわな。だが、ちょっとやりすぎだ。
「おい、ちょっと……」
 おれが抗議のために一歩踏み出そうとしたときだ。
「ゆういちは黙ってて!」
 美耶子に制止されてしまった。
「これはあたしが受けた仕事なの。やりとげなくっちゃいけないの」
 いや、おまえのプロ根性はすごいと思うよ、だけどな……
「はい、決まり! 宇多方ちゃんの準備ができたらすぐに撮影始めるわよ!」
 パンパンと桃山園が手を叩き、現場が動き始めた。

            つづく

この記事へのコメント

Re: 美耶子のお仕事 「どっきり大作戦!」(01)

美耶子キター!!
この後の展開に超期待します。

Re: Re: 美耶子のお仕事 「どっきり大作戦!」(01)

> 美耶子キター!!
> この後の展開に超期待します。

今回も「いつもの」展開な感じですが、よろしくおつきあいください。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/344-60ac31c4