FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ルイズとあそぼう!  魅惑の妖精亭へようこそ(7) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

    7 ルイズ、二本差しで昇天するの巻

「あふっ、あんっ!」
 ルイズはテーブルを移り、次なる客の相手をしていた。
 もちろん、客の求めは挿入だ。チップも最高額で横並び。ルイズとしては断れない。同じ額をもらってサービスに差をつけるわけにはいかないではないか。バックを所望されれば、おしりを突き出すしかないし、中出ししたいと言われれば拒めない。
「ルイズちゃんのおまんこ、最高だ!」
 おしりの山を両手でつかんで、大きく左右に開いてふたつの穴を鑑賞しながら、そのうちのひとつ――膣にペニスを挿入して楽しんでいる。
「あっ! ああっ! へんなとこ……こすれ……てっ!」
 バックも気持ちいい。背中がぞくぞくする。カリ太な客の生ペニスで性器を刺激されるのは――たまらない。
「おおお、女房のと全然違う! ピチピチしてるぜ――!」
「おっぱいもかわいいしな! この乳首の色ときたら!」
 そのテーブルは二人連れだったので、当然二人一緒に相手をする。
 一人がルイズをバックから突き上げ、もう一人はルイズのオッパイを楽しむ。ペニスでルイズのささやかな膨らみをこねて、乳首をカリ部分でこする。
「あああっ! お、オッパイも、か、感じちゃう!」
 感度抜群のルイズの乳首は小指の第一関節くらいまで勃起している。
「パイズリは無理でも、これはこれで楽しいぜ」
「あっ! こ、こすらないで! そこ! いくっ!」
「いきそうなのはオッパイか!? それとも、まんこか!?」
 おしりからガンガン衝きながら客の一人が訊く。
「あっ! ああっ! りょ、両方――っ! イいいいいい!」
 ルイズが絶頂に達し、きれいな背中が痙攣する。その白い尻を男はメチャクチャに揉みしだきながら、一番奥で射精する。
「またぁ……奥で……でてりゅ……」
 快楽の余り涙声になるルイズ。



ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~キャラクターCD 1 感じるルイズゼロの使い魔~三美姫の輪舞~キャラクターCD 1 感じるルイズ
(2008/09/03)
ルイズ(釘宮理恵)、才人(日野聡) 他

商品詳細を見る
「よし、次は俺だ」
 オッパイで遊んでいた男が、射精を終えたばかりの男を押しのけ挿入。
 やはり、みんな、おまんこに入れたいのだ。
「ぉおおっ! マジでヌルンヌルンで、キツキツっ! すっげえ!」
 喜悦の声。
「すげえ絞られる! す、すぐ出ちまう!」
「だろ? ルイズちゃんのおまんこは最高だぜ――さ、これもキレイにしてくんな」
 射精を終えた男がルイズの口元にペニスをおしあて、お掃除フェラを求めてくる。
 エクスタシーの余韻の中でもルイズは精液まみれのペニスをぺろぺろする。お客様の大事なオチンチンだ。尿道に残った精液までしっかり飲み込んであげたい――
 そのさなかにも、三人目に中出しされている。
「おい、まだかよ!?」
「おれたち、ずっと待ってるんだぜ!?」
「チップの額はかわらねーんだ! おれたちにも早くやらせろ!」
 ほかのテーブルの客たちが騒ぎ出す。
「妖精さんは一人だけですから……順序よくおまちください」
 マネージャーが取りなすが、客達は納得しない。一触即発の雰囲気が高まる。
(そんな……わたしのせいでお客さんたちがケンカを?)
 四人目の客に抱っこされてハメハメされながらも、ルイズは気が気ではない。
 ルイズは一人しかいない。でも、穴は――
「つ、次のお客さま、こ、こちらの穴でよかったら――どうぞ、お使いください!」 ルイズは自ら肛門を広げて見せる。
 まさかの二本差し・肛虐志願に客たちがどよめく。
「い、いいのか、ルイズちゃん? お、おしりの穴でしちゃっても……?」
 興奮しながら五人目の男がルイズのヒップに手をかける。
「ロ、ローション使って、くれるなら……いい……わ」
 自分でも何を言ってるのかわからない。まるでそこでエッチしたことがあるみたいじゃないの――
 もちろんローションはすぐにマネージャーが用意する。
 冷たいローションがルイズのピンクのおしりのすぼまりに塗りたくられる。
「ひゃっ!」
「おお、おしりの穴もなんてきれいなんだ」
 感動したように五人目は呟き、勃起したペニスを押し込んでいく。
 もちろん、膣には四人目のペニスが子宮に届くくらい深く埋まっている。
 二本目の異物が――ぬぅぐっ!
「あ、ひぃ!」
 思わず声をあげるルイズ。この圧迫感、異物感は尋常ではない。自分でしてほしいと言った手前、やめてとも言えないし――
「熱い! ルイズちゃんのおしりの穴! すっげー! 気持ちいい!」
 男が叫ぶ。叫びながら、一気に奥まで挿しつらぬく。
「あっ! あっ! おしり、さけるぅ! ひぃやああああ!」
 巨根を打ち込まれて、ルイズの肛門が大きく広がっている。
 ただでさえ小さな穴が限界まで拡張されている。
 前もだ。子供サイズの膣が中年チンポでギチギチになっている。
 二本の巨根が交互にピストン運動して、ルイズの性器と排泄器を蹂躙する。
「ッあ! ッあ! らめええええええ! ゴリゴリって! おなかとおしりで、ごりゅごりゅって! これぜったいヘンになるうううううツ!」
 ルイズは痛みを超えた感覚に全身を打ち据えられ、歓喜に震える。
 二人だけではない。がまんできなくなった客がさらに押し寄せて、ルイズの乳首をつねったり、吸ったり、へそを舌でねぶったり、クリトリスを掻いたり、おしりの山を平手で打ったり――
「あやッ! ら、らめッ! そんなにされたら……あ、あふっ! あふれっ――あふれちゃうぅっ!」
 まんこを突かれ、子宮の入口に亀頭を押しつけられ、グリグリされ――
 おしりに穴の奥に「キモチいい箇所」があることを教えこまれ、そこを責め立てられ――
 全身の性感帯を多重的、連続的に刺激されたら――
「すッ……すッごいのぉ、キちゃうううううう!」
 虚無の魔法を使う感覚にちょっとにているけれど、それの比じゃない。
 ぜんぶ、ぜんぶを押し流して、消してしまうような――サイトのことも、姫様のことも――任務も、貴族としての義務もすべて――
「くるッ! きちゃうッ! おしりまんことろけるぅうううう! かはッ! はッ! は……はやぁああああああん!」
 桃色ブロンドを振り乱し、かわいい小尻をビクビク振るわせながら、ルイズはその日最大のアクメに達する。
「なんて可愛いイキ顔なんだ! おおおっ!」
 四人目が子宮に直がけ射精。
「声も、可愛すぎるっ! うあああっ!」
 五人目は直腸内で大量射精だ。
「……ひゃはっ! はっ……はぁ……あああ……ん」
 ルイズは余韻に浸る――だが、その至高のアクメ顔と声にさらに男達は興奮の度合いを高めていた。
「こんな清純そうで」
「ちょっと手は早くて胸は残念だけど」
「乳首の色はまっピンクで」
「アソコはパイパンで、その上」
「真っ白な極上スジマンの絶世の美少女が」
「まんことアナルに中出しされてイキまくるとか……」
「マジありえねえ!」
「天使というしか!」
「チップならいくらでも出す!」
「俺たちにもやらせてくれえ!」
 六人目、膣挿入。
 七人目、アナル。
 八人目、フェラ。
 三本のペニスがルイズの穴を同時に犯す。
 そこからは、もう組んずほぐれつの乱交だ。ルイズも人数を数えるどころではなくなった。
 ただ、マネージャーは監視していて、やりすぎた客からは積み増しチップを取っていたらしい。
 精液まみれの生チンポがルイズの膣に突き入れられ、子宮を新たな子種で満たしていく。かと思えば、おしりも代わる代わる精液便所と化した。口も、口内射精とお掃除フェラでフル回転だ。
「らめぇ! もうううう……らめぇええ!」
 全身精液まみれ、愛液まみれのルイズは、何十度目かのエクスタシーを迎えながら、失禁した。パイパンワレメから黄金水を吹き出させながら、二十本めの生ペニスによるスペルマシャワーを子宮に受けたのだった……

「チップをお出しになる方は……? いらっしゃらない? では、これで本日の『妖精さんとあそぼう』は終了とさせていただきます」
 雇われマネージャーは無表情なまま、小さな鈴をチリーンと鳴らした。

 二十名の客の財布と睾丸をすっからかんにした、ルイズの大勝利であった。

             まだまだつづく!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/322-2ebbc351