FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ルイズとあそぼう!  魅惑の妖精亭へようこそ(5) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

    5 ルイズ、罰ゲームで絶頂するの巻

 チップが4倍になった。これくらいの金額になると、ゲーム自体がエッチなものになる。
 ルイズもそれを拒む余裕はもうない。
 たとえば、キャンディ争奪――キスしながら相手の口の中のキャンディを奪うゲーム。
 たぶん、二十人の客全員とルイズはディープキスをした――乳首をクリクリされながら――結果は全敗。
 そこから派生する罰ゲームもエスカレートしている。
「ルイズ! くぱぁして! くぱぁ」
「もぉ……こんなの……しんじらんない」
 顔を真っ赤にして、テーブルに腰掛けるルイズ。片膝を持ち上げ、腕で抱える。
 結果として大きく股を広げることになり――
 くぱぁ……と性器が口をひろげる。
 みんなに見られている。ルイズのあそこが。
「罰ゲームだよ、ルイズ!」
 キャンディ争奪20戦分の罰ゲームが、この、まんこくぱぁの刑だ。
「自分で広げて、ルイズ!」
「もぉ……やだぁ……」
 言いつつ、指で大陰唇を引っ張る桃色ブロンドのロリ美少女。
 ピンクの花弁が露出する。
「ルイズのまんこ、濡れてる……!」
「そっ、そんなこと、あるわけないでしょ!」
 否定するが、その部分から透明な雫があふれて、内股を濡らす。
「試してみようぜ、指入れターイム!」
 これも罰ゲームのルールだ。一人1分ずつ、ルイズのアソコに指を入れられる。
 一人め。
「おっ、ルイズのまんこ、ちっせ! 指一本でキツキツだ!」
「やっ! あっ! 指うごかしちゃ……らめぇ!」
「キュッキュ締め付けてくる……たっ、たまらん!」
 二人め。
「マジでキツキツ! すげー」
「あぅっ! ああ……」
 三人め。
「ヌルヌルだぞぉ? お? 指にまといついてくる!」
「はっ、はっ……んぅ」
 四人め。
「すげぇ、吸い込まれる? ああ、ザラザラって、ここ!」
「あーっ! そこぉ! だめぇ!」
 五人め。
「指二本にしても入るな? お! ヌルって飲み込んだ!」
「らめぇ! お指二本、らめなのぉ……」
 六人め。
「クリも大きくなって、鞘から出てきたな? こら! 生意気なクリめ!」
「やっ! あっ! ああっ! そこっ! そこだめぇ!」
 七人め。
「あっ! ああっ! はああっ! らめ、らめ、らめぇぇぇぇっ!」
「クリがそんないいいか? おっ、膣が痙攣しはじめたぞ?」
「いっ、いやっ、いいいいいいいいっ!
 八人め。
「あーっ! あああーっ! だめっ! それだめ-っ!」
「おお? ルイズ、イクのか? みんな見てる前でイクのか?」
「い、いやああ、い、いきたくなぃいい……!」
「そんなこと言ったって、まんこから本気汁がでてんぞ?」
「あうっ! いひぃっ! もう……いっちゃうううっ!」
 九人め。
「い、いくぅううう! いくぅうううううっ!」
「ルイズのアクメ顔、いただき! まんこには指三本入ってるぜ?」
「やっ! やぁ! やだあああっ! って……イ、イってるのに……っ!」
「まだまだ! おれの時間も30秒残ってるぜ?」
「んっ! んぅっ! ひぃいいいいいっ!」
 十人め――
「ひぐっ……! っぐぅううう……また……いくぅっ!」
「ずっとイキまくりだな、ルイズ? クリでも、まんこでも、もっともっと可愛がってやんぜ? あと10人いるからな?」
「いくのぉ! またイッちゃ……ああああああああっ! ひゃあああああああっ!」
「ちっちぇえまんこの奥の奥までいじってやんぞ? おら! もっとイけ!」
「も、もお、イカさないで……おねがい……お、おかしくなっちゃう……」
 ルイズは泣いていた。気持ちよすぎて涙を流し続けていた。股間もだ。さっきからおびただしい量の愛液を垂れ流している。
「でも罰ゲームの権利があるヤツ、あと10人はいるぞ?」
「なっ……なんでも……します……だから、おまんこいじるのは……やめて……」
 なぶられ続けた性器は赤く充血しきっている。男達は決して乱暴ではなかった。だからケガはしていないが、あまりに快感が蓄積しすぎていた。
「じゃあ、フェラチオでもやってもらうかな?」
 11人目が言う。
 涙目でルイズはうなずいた。


ゼロの使い魔 双月の騎士 ルイズスポーツタオルゼロの使い魔 双月の騎士 ルイズスポーツタオル
(2008/11/12)
コスパ

商品詳細を見る


 目の前にある客のペニス――すでに半立ちになっている。
 ルイズは、それにおずおずと唇を近づける。
 アルコールと快感で頭がぼうっとなっていても、それはやはり勇気のいる行動だった。見ず知らずの男の性器に口をつけるなどと。
 だが、これは仕事で、友達(ジェシカ)を救うためで、そして、ゲームに負けた者の義務なのだ。
 誇り高き大貴族の娘・ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、平民の赤黒くエラの張った亀頭に唇を触れさせた。
 舌でちろちろと亀頭を舐める。
 味はまだわからない。
 だが、鈴口に盛り上がった透明な液体――おしっこではない――カウパー液だ――までなめとったとき、中年男の性臭が遅れてやってきた。
 ガン、と頭を殴られたような。
 思わず亀頭をくわえていた。その臭いを、味を、より深く味わうがために。
(ど、どうして? くさいのに……いやなのに……もっと嗅ぎたい、舐め取りたい……)
 自らが発情しきっていることにまだ気づかない桃髪の美少女は、懸命に舌をつかいはじめていた。
「おお、ルイズちゃんが舌をつかってくれてる!」
 男が悦びの声をあげる。十代の美少女におのが逸物をしゃぶらせる――男としてそれを上回る悦びはまずないといっていい。
「もっと、もっと、くわえてくれ!」
 ルイズの喉奥を突く。
「おい、待ってるのはおまえだけじゃないんだ」
 権利を持つ残り九人がルイズを取り囲み、それぞれペニスを出す。
 10本ものペニスに取り囲まれるルイズ。
(オチンチンって……全然ちがう……)
 サイズや色もちがう。皮の余りぐあいもそれぞれ。そして匂いも、人によってちがう。中には「ぜったい無理」と思うような悪臭を放つものも。
 それでも拒めない。罰ゲームだから。
「出るまで、公平にしゃぶってくれよ」
 ルイズのかわいい唇を中年男の極太ペニスがこじ開ける。
「ほら、唾をいっぱいだして……舌でかきまぜるように……おう、そうだ」
 ふだんは工事現場で汗にまみれている人夫も、今はルイズのあるじだ。不器用に舌を動かすルイズにフェラチオのテクニックを教えていく。
「ちゅうって、吸うんだ。鈴口をな。タマ袋も可愛がるんだぞ」
 中年男のカウパーを吸わされ、饐えたような匂いの陰嚢をしゃぶらされる。
(ああ……これが男の人のエッチなオチンチン……サイトもこんなのもってるの……?)
 エッチでバカだが、サイトのそこは白くてツルンとしているはずだ。
 こんな節くれ立って、堅くて、大きくて、苦くてしょっぱい味なんかしない。
 ましてや、こんなえぐい匂い――くんくんっ!
 その匂いにクラクラするルイズ。
 10本のペニスを順番に味わう――舌で、唇で、頬の内側で。
「そろそろいくぞ! ちゃんと飲めよ!」
 一番手がルイズの口蓋にペニスをこすりつける。
「出る!」
 ぴゅっ! どぴゅどぴゅっ!
 大量の精液をルイズの口の中に発射する。
 泣きそうになるが、これも仕事だ。
「むぅ……ん……」
 多すぎて飲めない。
「ぺぁ!」
 白い粘液を吐きだす。
 泡立ち、糸を引く精液。
「さあ、次は俺だ、ルイズ」
 客は入れ替わり立ち替わりだ。
 二人目はルイズの顔にぶっかけた。かわいい顔に臭くてねばつく体液がこびりつく。
 三人目はまた口内発射。今度はルイズもゴックンした。涙目になる。
 四人目はほっぺにひたすら亀頭をこすりつけ、射精した。
 五人目は口蓋にこすりつけながら。
 六人目はルイズ自慢の桃髪を巻きつけて。
 七人目と八人目は二人同時。二本のペニスを交互に、そしていっぺんにペロペロ。
 九人目はイラマチオだ。脱力したルイズの喉を突きまくる。
 十人目――
「もう……あご……うごかないわ……ちょっと休ませて」
 ヘトヘトになっている。舌もしびれ、顔じゅうガビガビだ。
「妖精さん、休憩はいりまーす」

               つづく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/320-7ce40d72