FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

続続・けいおん妄想 

カテゴリ:日記

「じゃあ、私やる!」と手をあげたのは唯。

律 「おっ、意外に唯、経験者とか!?」

唯 「経験って?」

和 「男性経験のこと? 唯にそんなのあるはずないわ」

澪 「ど、どうしてそんなこと言い切れるんだ?」

和 「私が許さないもの」

紬 「和ちゃん、大胆……はぁはぁ」

和 「そういうのではないのよ。唯がちゃんとした大人になれるように見守るのが私の役割だから」

和 「唯のことだから、男の子とつきあったら、求められるまますぐに全部許してしまいかねないわ」

和 「そういうことは許せないの。だから、唯に言い寄る男子はすべて抹殺してきたわ」

律 「しれっと恐ろしいことゆうてはるぅ……んやで!」

澪 「和のキャラが崩壊している気がするんだけど」

紬 「だから、女子校の桜ヶ丘に、唯ちゃんを連れてきたのね」

和 「ええ。私が桜ヶ丘を受けるって言ったらホイホイついてきたわ。わざわざ猛勉強までして」

唯 「いやあ、照れますなあ」

澪 「照れなくていい!」

律 「で、唯のエロ体験ってなんだ?」

唯 「憂とさわりっこしてること!」

紬 「憂ちゃんと!? まあ……」

澪 「姉妹で!?」

唯 「お風呂もいっしょだよー。憂のおっぱいって、大きくて柔らかいんだ。いつも揉ませてもらうの」

律 「姉のプライドはないのか?」

唯 「憂も揉んでくるよ? おねえちゃんのちっぱい、おねえちゃんのちっぱい、って言いながら」

和 「憂、変わってないわね」

紬 「昔からなの?」

和 「そうよ。昔は三人でよくお風呂に入ってたから。憂って、唯に抱きついて離れなかったわ。湯船でも、洗い場でも」

律 「(ポツリ)唯んちもか……」

紬 「りっちゃん、いまなんて?」

律 「えっ!? なにもいってないぞ!」

澪 「唯の話だけど……姉妹のスキンシップであって、いやらしい話ってわけじゃないだろ?」

和 「憂の方はまちがいなくよこしまな想いを抱いてるけどね」

律 「で、判定は?」

和 「唯の方に邪念がないからせいぜい30点ね。憂視点だったら、もっと淫靡になってたと思うわ」

律 「ほーい! 唯も罰ゲームけってーい!」

唯 「ええー!? ちゃんとエッチだと思うけどなあ……」

そして次なるチャレンジャーが現れる。

紬 「それでは……次は私が!」

 静かに張り切るムギちゃんであった。


 

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/291-d2808458