FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイズのねこ耳にゃんにゃんNIGHT!(5) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

      5

 かわって、こちらは「蛇と星」の天幕。

「われわれには彼女がいない……なぜだ!?」

 マリコルヌの目はすわっていた。

「結論! そんなものは不要だからだ!」

 その天幕は、もてない男たちのオーラでどよどよしていた。

 マリコルヌと、その系統の仲間たち、およそ十人ほどが車座を作ってワインをラッパのみしていた。

「彼女ぉ? 女なんて魔物よりひどい! うそをつく、すぐに怒る、そして都合が悪くなると泣く!」

「まったくだ!」

「その通りだ!」

 後ろ向きな同意の声がわき起こる。

「女なんて! 生意気だし、何かというとすぐに贈り物を要求するし、贈り物をしてもけっきょくあんたの顔が嫌いと言われるし!」

「わかるぞ!」

「女はひどい!」

 だが、マリコルヌの肩が落ちる。

「でも……ほんとは……彼女が欲しいんだよぉ……」

「うおおおおおん」

「おれも、ほしいいいい」

「サイトめ、うらやましいやつ!」

「ほんとうだ、今日もラ・ヴァリエール嬢といちゃいちゃと」

「ゼロのルイズ――性格はともかく、見た目は可愛いしな」

「胸がないぞ」

「だが、それがいい」

「そうだ、希少価値だ!」

 誰が何を言っているのか、もうわやくちゃだ。

「じゃあ、そろそろ、ひとりずつ一発芸を披露しあって、心の傷を癒そうぜ」

 もてない男たちのヤケ酒宴会恒例の隠し芸大会だ。

「って、結局みんな裸踊りするだけじゃないか」

「今回はBGMと照明も用意したよ。ポールダンスができるように支柱も立ててあるし」

 一人、宴会部長とも言うべき人間がいたらしく、なまめかしい音楽と毒々しいライトが天幕の端を照らし出した。どうやらそこがステージになるらしい。

「じゃあ、一人目はだれだ? マルコリヌか?」

「よしっ!」

 マリコルヌが立ち上がり、ズボンとパンツを一気にずりおろしたその時、天幕の布が動いて、照明のなかに肌もあらわな美少女が現れた。

「にゃん、にゃん、ご主人様、大好きだにゃあん」

 ネコミミに布地のちっちゃいビキニ、それにしっぽ――桃色ブロンドの絶世の美少女、ルイズが顔を真っ赤っかにして、登場したのだった。

           つづく



ゼロの使い魔 三美姫の輪舞 ねこみみルイズゼロの使い魔 三美姫の輪舞 ねこみみルイズ
(2008/12/27)
グルーヴ

商品詳細を見る



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/272-6e7ca09a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。