FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ルイズのねこ耳にゃんにゃんNIGHT!(4) 

カテゴリ:ゼロの使い魔

   4

 双月が出ていた。ふたつあわせてようやく半月に届くかどうか。それでも淡い光が地上まで届いている。

 教えられた泉というのは、ちょっとした池のようになっていた。周囲は水草が生い茂り、その草も露に濡れて、光を反射していた。

 ちょっと幻想的な場所だった。

 サイトは周囲を見まわして、そして、息をのんだ。

 泉の中央に、裸の少女がいた。

 ほっそりとした少女らしい身体に長い髪。こちらに背を向けているが、ルイズに間違いない。

 それにしても――

 サイトは、今までルイズの裸を見たことがないわけではない。特に、召還された最初の頃は、ルイズはサイトを男扱いしていなかったから、裸を見られても平気だったのだ。今ではさすがにそんなことはないが――

 それにしても――と再び思う。

 なんてきれいなんだ。

 水浴びをしているルイズは本当に女神さまみたいで、いつも憎まれ口を叩いたり、つっかかってくる生意気な女の子と同一人物だとは思えない。

 胸は確かに薄いけど……サイトの好みとは違うけれど……いや、これはこれでとてもいい。

 いつまでも、見つめていたい、美しさだった。

 だが、つい、サイトは足音をたててしまったらしい。

「だれ!?」

 ばしゃっ、と水音がして、ルイズが裸身を水に隠した。

「ごっ、ごめん! 覗くつもりじゃなくて……」

「サイト? あぁ、よかった。他の隊士だったらどうしようかと思った」

 ほっとしたようにルイズは言ったが、まだしゃがんだままだ。

「……サイト、後ろ向いてて」

「あっ、ご、ごめん!」

 慌ててサイトは後ろを向いた。水音がして、ルイズが岸に上がったようだ。衣擦れの音がする。

「もういいわ」

 お許しが出たので、振り返ると、ルイズはローブを羽織っただけの姿だった。ちゃんと水を拭かなかったせいで、素肌が透けて、裸よりもさらにセクシーになってしまっている。

 サイトは鼻血が出そうだった。

「一日、移動ばかりで、ほこりまみれになっちゃったから……」

 ルイズは恥ずかしげに顔をあからめ、もじもじした。そんな姿がまた可愛い。

「あの……ね、今晩、天幕にお泊まりでしょ?」

「あ……ああ、そうだね」

 喉がひりつく。今にもこの可愛い女の子を抱きしめていろんなコトをしたい。

「ほら、今夜はあの邪魔っ気なメイドもいないし、二人っきりじゃない?」

「う……うん、そうだね」

「だから、身体を清めておいた方がいいかな……って」

 ルイズは自分で恥ずかしくなったらしく、やん、と言って身をよじった。

 サイトはのぼせあがっていた。もう、食べたい、今ここで食べてしまいたい。

「ルイズ!」

 サイトはルイズを抱きしめようと両腕を広げて迫った。それをルイズはひらりとかわした。

「ここじゃ……いや。せっかく身体を洗ったのに、泥で汚れちゃうもん」

「え……えええ……でも、なんというか……その」

 男の生理がたまりません、と、サイトは前屈みで訴えた。

「それに、サイトのためにいろいろ服を用意したの。思い切って……サイトが好きなの着てあげる」

 馬にくくりつけていた大荷物は、どうやら衣装箱だったらしい。その中には、メイド服や短い丈のドレスなど、色々入っていた。

 サイトは、コスプレした女の子に興奮する方である。特に、ルイズにはいろいろな服を着せて眺めたいと思っていた。

 その夢を、初めての夜にかなえてくれるというのか……!

「ど、どれでもいいの!?」

 鼻息が荒くなっている。さしものルイズもわずかに引き気味だが、それなりに覚悟をしてきたのだろう。こくんとうなずいた。

 ああ、あのじゃじゃ馬娘が……おれのためにコスプレしてくれる……!

 シュヴァリエの称号をもらったときよりも、アンリエッタ女王にじきじきご褒美をもらったときよりも、「達成感」があった。

「じゃ……っ、こ、これっ!」

 サイトが選んだそれは、ひときわ露出度の高いセパレーツの水着――しかもネコミミとシッポつきの難易度の高いものだった。胸元と腰を黒い毛皮でわずかに隠すだけで、あとは素肌があらわになっている。

「こ、これ……?」

 一応用意してきたものの、それが選ばれるとは思っていなかったようで、ルイズも一瞬固まった。

「ネコミミとシッポつけて、にゃんにゃん、ご主人さま、大好きにゃん……っと言ってくれええええっ!」

 激情にかられ、ルイズに詰め寄るサイト。ルイズも受け入れざるを得ないようで、こくんとうなずた。

「や、約束だから……特別に着てあげるんだからね!」

 かろうじての強がり。でも、サイトにここまで求められて、ルイズとしても嬉しくないはずがないのだろう。顔が、赤くなっていた。

「じゃっ、じゃあ、おれ、先に天幕で待ってるから……っ!」

 サイトは子供のようにスキップを始めた。

「あ、サイト、天幕って、どれ!?」

「隊長用の天幕だから、すぐにわかるよ。龍と星が目印だから!」

 もうサイトは天幕に先に戻って、寝床とかいろいろ準備するのに夢中なのだろう。そう言い置いて行ってしまった。

「もぉ……行っちゃった」

 少しふくれるルイズだが、これからのことを考えると、やはり緊張してしまう。

 初めてだし……うまくできるだろうか?

「あら、これ、サイトの忘れ物?」

 ワインの瓶が転がっている。ルイズのために持ってきてくれたのだろう。

「ちょっと……勇気づけに飲んでみようかな?」



 サイトがみんなのところに戻ると、すでに大半の隊員は酔いつぶれていた。

 マリコルヌとその仲間たちも、天幕で飲み直すと言って引き上げてしまったらしい。

 サイトも自分用の天幕に向かった。要所に魔法の力でともした灯りがあるだけで、周囲は真っ暗だ。ただ、天幕の目印はわかりやすいように、光が当てられている。

 ――龍と星、ではなく龍と月の天幕。

 あれ、なんか間違ったかな? でも何を間違ったんだろう、などと考えつつ天幕に入ると――そこにはシエスタがいた。少し、いや、かなり怒り顔で。

「サイトさん、ひどいです。ミス・ヴァリエールが一緒に行くんなら、わたしも当然一緒です! それとも何ですか? わたしだけ仲間はずれにして、ミス・ヴァリエールと何か楽しいことでもしようと?」

 他の仕事で見送りに行けなかったシエスタは、後から人から話を聞いて、慌てて追っかけてきたらしい。おそるべき行動力だ。

「いや……別に、仲間はずれとか、そういうことは……」

「だめです。説教します。正座してください」

 シエスタに厳しく言われ、正座させられるシュヴァリエ・サイト・ヒラガであった……


           つづく



ゼロの使い魔 -三美姫の輪舞- ベッドシーツD(ルイズ&シエスタ けものみみver.)ゼロの使い魔 -三美姫の輪舞- ベッドシーツD(ルイズ&シエスタ けものみみver.)
()
不明

商品詳細を見る

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/271-b47ba2be