FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MA-YU学園編4 「かぶらぎ、せんせい」 6 

カテゴリ:MA-YU

     6

 神村はまゆの両の腿の間に頭で割って入り、少女の内腿のしめつけを楽しむ。

「おじさま、やだ、そこは……」

 いやがるそぶりを見せるまゆ。だが、逆だ。表情は期待に満ちている。

「さっき、いっぱい、くぱあして見せてくれたじゃないか」

「でも、顔が近いと恥ずかしいもん」

「顔を近づけないと、まゆちゃんのおまんこ、ペロペロできないじゃないか」

「ああ、やだよぉ」


 顔を覆うまゆ。照れているが、脚をもう閉じようとはしない。その部分は期待に充血して、口を開いている。自然に、くぱあしているのだ。

 神村は、少女の性器に口づけする。

「んはっ!」

 まゆの息をづかい。胸が上下している。かわいい乳首がピンコ立ちだ。

 腕をのばして、乳首を指で弾いてやる。

「きゃぅ! そっ、それ、すきぃ……」

 かわいい陰核を舌で転がし、吸い上げる。同時に指で乳首を責めてやる。

 まゆは、ひくんひくんと身体を痙攣させ、夢中になっていく。

「あ、あん、おじさまの指がおっぱいを……おまんこ、ペロペロされてるよぉ……」

 自分にされていることを言葉にする、というのも神村が教えたことのひとつだ。言葉にすることでますます興奮を高めていく。

 神村は乳首責めをやめて、少女の無毛のアソコを徹底的に虐めることにした。

 もう、まゆのそこは子供のそれとは思えないほど、性的に興奮し、芳香をはなっていた。まゆのフェロモンはすごい。くらくらする。いまだに神村も慣れることがない。魔性の香りだ。

 膣からも肛門からも芳香がする。匂いだけでガチガチに勃起してしまう。老練な神村でさえそうなる。若者ならそれだけで射精しかねない。

 まさに奇跡の少女だと思う。その存在自体が――

 クリトリスを圧迫し、次に包皮で刺激――そして、剥き身を直接刺激。そのプロセスを縮めておこなう。同時に指を膣に埋めて、かき混ぜる。

「ああ、ひぃっ! おじさま……っ!」

 指が締め付けられる。少女の体温、感触、蠢き――ぬるぬるになった隘路は、おどろくべき感触を伝えてくる。これがペニスだったら――

「入れてるのは指だよ……だからこれは練習だ」

「は、はいっ! 練習ぅ、です」

 指を動かすと、まゆは甘い声で鳴きはじめる。膣の官能度も高い。

 指を抜いてとろとろまんこを広げて見る。初潮前の少女のそれとは思えない熟れ具合だ。それでいて、まだまだ未成熟なヒダヒダ。

 神村はその部分に舌を差し込む。

 11歳の少女の愛液をなめしゃぶる。まさに甘露だ。

「おじさま……ぁ、そこ、そんなにペロペロしないでぇ……あぅっ」

 まゆの声が切迫している。またイキそうなのだろう。もちろん、イカせてしまうつもりだ。まゆはイけばイくほど性的な没入度が高まっていく。

 舌をまゆの胎内に侵入させ、ペニスのように出し入れする。クリも激しくこすってやる。

「あっ、いく! また、いくっ! わかんなくなるぅ……おじさまぁ……っ!」

 まゆが激しく達する。そろそろか……

「じゃあ、バイブを入れるよ」

「え……あ……うん……」

 イッたあとの波にまだ翻弄されているまゆ。

「バイブなら……練習だから……いいの」

 そう言って神村を見上げて微笑む。

「そうだね……おじさんのオチンチンを入れるのはダメなんだよね」

「だって……おにいちゃんとしかしちゃいけないもの――おまんこは」

 いつもの会話だ。この一線だけは頑なに譲らない。無理にすればまゆは傷つく。神村への好意も消し飛ぶだろう。

「じゃあ、今日もまゆちゃんのおしりに入れようかな。だったらいいよね。おしりはセックスする場所じゃないからね」

「……ん、いいよ、おしりなら」

「じゃあ、滑りやすくするために、ゼリー付きのスキンをつけるね」

 神村はギチギチに勃起したペニスにスキンをつけた。

 まゆの身体を抱き上げて、膝に乗せる。

 カメラが正面に来るようにする。

「まゆちゃん、脚を広げて、そうそう――」

 挿入シーンの撮影もいつものことだ。まゆも抵抗せずにカメラの前で脚を広げた。

「カメラやモニターを新しくしたから、おしりにオチンチンが入るところがバッチリ映るよ」

 撮影している映像はそのまま正面の大型モニターに映る仕掛けだ。つまり、結合シーンを見ながらハメハメできる。

「えー、やだ、恥ずかしい」

「ローション塗るよ」

 指にまぶしたローションを大股開きのまゆの肛門に塗りたくる。

「つめた……」

「すぐにあったくなるよ」

 指をまゆのアナルに差し込む。つるり、と入ったのは度重なる調教のたまものだ。沢との間でもアナルセックスは経験があるようだが、ここで感じるようになったのは神村が鍛えたからだ。

 アナルに指を出し入れするうちに、まゆの身体から余分な力が抜けていった。

「おしり、気持ちいい……ぽかぽかしてきた」

「だろう? オチンチン入れたらもっと気持ちいいよ」

「このまま、入れるの?」

 カメラの方を向いたままで?という意味だろう。まゆは対面座位がお気に入りなのだ。アナルセックスしながらのディープキスで絶頂を迎えることが多い。

 だが。

「今日はバイブもあるから、このままだよ」

「そっか……透明なヤツね」

「そう、まずはおしりからいくよ」

「うん」

 まゆのヒップをかかえ、穴を広げながら、ペニスの先端をあてがう。

「あ、そこ……おじさま」

 まゆ自身がナビしてくれる。いい子だ。

 まゆの肛門にペニスをねじ込んでいく。

「く……ぁっ、あっ、あっ、おじさまのが、入って……くるぅ」

「熱いよ、まゆちゃんのアナル……火傷しそうだ」

 スキン越しにもわかる。まゆのアナルの感触。まゆはそこも絶品ななのだ。弾力に満ちていて、数カ所で締め付けられる。

 そして、まゆ自身も――

「おしり、こすれるぅ……っ! ひゃうっ!」

 反応している。

 開発済み――いや、日々開発されている最中だ。

「おしり、きもちいいっ! おじさまのおちんちんがゴリゴリって……すごいよぉ」

 まゆは自分で腰を振っている。11歳とは思えないくらい、いやらしい動きだ。

「おお、まゆちゃん、最高だ! 気持ちいいよ、まゆちゃん!」

 小学生のアナルに翻弄される神村。だが、今日はこれで満足するわけにはいかない。

「まゆちゃん、バイブ、入れてあげる。おしりと同時におまんこも可愛がってあげる!」

「バイブ? バイブ……おまんこに……ひぃっ!」

 広がりきったまゆのぬめった性器に透明なバイブを――形は精巧に男性器をコピーしている――を入れていく。

「二本も!? おじさま、裂けちゃう! 裂けちゃうよぉっ!?」

「大丈夫、前もしたし――それにこのバイブはそんなに大きくないから平気だよ」

「あ……ぅ……おまんこにも……入って……」

 透明バイブがまゆの膣に潜り込んでいく。透明だけに、まゆの内部も見えてしまう。

 ピンク色の少女の膣壁がバイブの表面に貼り付いて見える。

「入口をくにゅくにゅされて……一気に、奥……までっ」

 まゆは感触で分かるのか、バイブが動くたび、かすれ声をだして位置を報告した。

 いや、モニターを見ているのか。

 まさに結合部がドアップで撮られていて、前にバイブが、後ろにペニスがささっているのがわかる。

「このまま、最後まで行くよ」

「あ……はぃ……おじさま」

「このバイブ、気持ちいいだろ? 本物の男のペニスとまったく同じ形をしてるんだよ? カリの大きさや竿の太さや長さも」

 ――特注だからね。

「ふぁ、ふぁい……気持ち、いいれす」

「じゃ、いくよ、イキたいときにイッていいからね」

 神村はアナルへのピストン運動と、性器へのバイブ責めのピッチを上げた。

               つづく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/259-9cd73d84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。