FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園王者3 王者の一週間 火曜日(10)  

カテゴリ:学園王者

「はっ、おれはいったい……」

 ベッドの上で太助は意識を取りもどした。どうやら薬のせいでぶっとんでいたらしい。

 あたりを見渡すと、ベッドの上に全裸の少女が二人、横たわっている。

 二人とも、膣とアヌスから大量の精液を垂れ流している。前後の穴に数発ずつ射精されたようだ。

「こんな……バカな……」

 太助は血の気が引いていくのを感じる。

「なんてことをおれは――」

 頭をかかえる太助。そのタイミングを見計らったかのようにドアが開き貴水が現れる。その背後には奉仕隊の女子たち。

「お疲れ様、太助クン」

 おしぼりタオルで太助の身体を清めていく。

「会長、おれ、人としてしてはならないことを……っ」

「いいのよ、太助クン。あの二人から<魔>の気配は一掃されたんだから。放っておけば、あの二人は自分自身も、周囲の人々も、みんな不幸にしてしまっていたわ」

「でも……」

「見てみなさい、あの子たちの寝顔」

 少女たちも、奉仕隊の女子の手で後始末されている。全身くまなく――特に股間は念入りに――ぬぐわれている。

 そうされながら、少女たちは無邪気であどけない寝顔のまま目を覚まさない。

「目が覚めたらあの子たちは保健室のベッドに寝かせられていることを知るわ。もちろんこの部屋での記憶は残っていない」

 自分の意志で太助に奉仕することを決意した者以外は、王者ルームで太助に抱かれた記憶を失う。これも、王者ルームの――小徳学園に作用する時空のゆがみの効能だった。

「あなたはこの子たちを救ったのよ、太助クン。自信を持って」

 そうかなあ、と、太助は首をひねる。

「で、太助クン、覚えてる? あと一人いたの」

「あ、そういえば」

 五年生の子が一人いたはずだ。

「太助クンが夏美ちゃんとゆりちゃんに入れ込んだせいで、今日は時間がなくなっちゃった。今週末にもう一度……ね」

 たしか――相澤立華。外国人の血が混ざっているためか、不思議な眼をしていた。

 夏美もゆりも掛け値なしの美少女だったが、立華は次元が違った。国民的美少女コンテストでぶっちぎり優勝するレベル――それでも生ぬるいかもしれない。

 貴水がため息をつく。

「それにしても立華って子――綺麗よね」

 同性にして絶世の美少女・貴水小夜子に吐息をつかせるほどの美貌なのだ。

 とにもかくにも長い長い火曜日がようやく終わった。

 明日は水曜だ。

この記事へのコメント

Re: 学園王者3 王者の一週間 火曜日(10)

久しぶりに拝読できて嬉しかったです。
そうそう、太助クンが初等部にノリ気でないのが不満だったのでした。
いや、ほら、学園の危機はちゃんと救わないと。
がそんな心配も「薬」の登場であっさり乗り越えられるとは…いやぁ良かった良かった。これで二人の少女は魔の手から救われた…んですよね? 夢中になって読んでしまったのでその辺読み取り損なってしまったか。
でまだ一人残ってるのもどーなるのか楽しみなのですが、その先もまだまだあるんですよね? 大変そーだなというか、太助クンって中等部も高等部も別にノリノリという程ではなかったような気が。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/246-c1e1b116

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。