FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

3rd Sex. 絶頂アクメ チルドレン act.09 (葵その4) 

カテゴリ:絶対可憐チルドレン

葵 その4

「いやー、葵ちゃん、けっこういーわー。おれ、B班でハズレかと思ってたけど、大当たり。得したなー」

 警備隊長は尿道に残った精液を葵に吸わせながら、髪をなでてくる。

(任務……おわったんか……? ウチ、うまくやったんか……?)


 朦朧とした意識で葵はそう思う。そうであってほしい。これで満足してくれて、少しでも時間稼ぎができれば――

「じゃ、二人目ね。葵ちゃん、よろしく」

 警備隊長が位置を変え、かわりに別の男――警備員だろう――が葵の顔の前にペニスを突き出した。

「え……まだ……?」

「あたりまえでしょー? おれら三人いるんだし。あ、撮影役のヤツとか機材係とかもいるから五、六人かなー? それにおれら一週間くらい抜いてないんで、一回じゃ終わんねーし」

 まずは一発抜いて涼しい顔の警備隊長が言う。

「じゃ、おれは2回戦にそなえて、葵ちゃんのメコスジでチンポコシコシして、復活させとこーかなー」

 いったんしぼんだペニスを葵の性器に当てて、上に、下に動かし始める。

「やっ、や……ウチ、もう……堪忍……っ」

 言いかけた葵の鼻を男がつまみ、口をあけたところに強引に突っ込んでくる。

 それが。

 また、快感に。

 葵はわけがわからなくなる。

「隊長、隊長の言ったとおりっす、このガキ、くわえながら感じてますよ」

「そーそー、敏感だよ、この子。ケツ穴いじってもすぐひぃひぃ言うし、クリとかいじったらどうなるのかねー?」

 葵のクリトリスを隊長はつまみ出す。

「わ、でけー」

「ぃーっ!」

 くわえながら、葵が痙攣する。

「お、イッた。すげーな、葵ちゃん、クリおっきくて敏感なのな。ごめんごめん、ここ可愛がってあげなくてさー」

 そこからは、葵最強の性感帯も攻撃対象となる。

 よってたかって。

 ただでさえ敏感な葵のクリトリスがこすりたてられ、さらには亀頭で突っつかれる。

 肛門には他の男の指や舌がかわるがわる。ペニスも押し当てられる。

 口には、男たちのペニスが出たり、入ったり。フェラチオ、もう何人めだとか、わからない。

(も……あかん……ウチ、もうめちゃくちゃになってまう……っ!)

 数秒に一回のペースで小さなオルガスムスが来る。

 特にクリトリスだ。そこをいじられると意識が飛びそうになる。性器がうずいて、うずいて――埋めてほしくなる。

 空隙を満たしてほしくなる。どんなに快感が高まっても、その部分が満たされないと、本当の満足は訪れない。

 葵の雌の本能が、それを求めていた。

(あかんねん、そこはあかんねん……皆本はんの……皆本はんに……でもっ!)

「おいおい、葵ちゃん、フェラどーしたのー? 舌が止まってるみたいだよー?」

 警備隊長が葵のヴァギナを大きく広げて、膣孔を剥き出しにしながら言う。

「賭けは葵ちゃんの負けってことでいーかなー? ほら、さっきからオメコぱくぱくしてて、我慢できなさそーだし?」

 実際に、葵のそこは閉じたり開いたり、していた。膣癖の蠕動が始まっているのだ。

(ウチ……もう……あかん……ごめん……皆本はん……)

 葵は力なくうなだれる。

「降参? じゃあ、入れちゃうよー、葵ちゃん」

 亀頭が葵の膣の入口にぴとっ、くっつく。

「あらら、無抵抗? てゆうか、むしろ、自分からオメコ押しつけてない? だめだめ、ちゃんとおねだりしないと入れたげないよー?」

「……ほ、ほしいねん……」

 葵はすがるように答えていた。

「ウチのオメコ、使って……ほしいねん」

「了解――って、すごいこと言うな、葵ちゃん」

 警備隊長は笑いながら、完全に回復したペニスを葵の膣口にあてがった。もちろんカメラを呼び寄せ、その瞬間を記録させることは忘れない。

「じゃあ、京都出身、野上葵ちゃん10歳の処女、いただきまーす!」

 ぬぐぅっ!

aoi_06_d_s.jpg


 一気に貫通する。

「あひっ!」

 葵は異物の侵入にのけぞる。処女膜がぶちぶちと裂ける瞬間に、弾ける。

「ひいっ! ひぃぃぃぃぃぃっ! ひゃああああああっ!」

 叫ぶ。イッている。バージンブレイクの瞬間に最大のアクメに達していた。

「いやー、全世界のみなさんもビックリだろ? 処女膜が破られたショックでエクスタシー感じるなんてな。最高だぜ、葵ちゃーん」

 奥まで突き進む。葵の狭い膣をめいっぱい広げながら、ペニスが子宮に達する。

「おくッ! ウチのいちばん、おくッ! 突かれてッ! るッ! おチンポにッ! いくぅッ! ウチ、いくううッ!」

「こりゃー、エスパーだからとかじゃねーわ。葵ちゃんの才能だよー。いや、すげー」

 達し続ける葵の膣の蠕動を楽しみながら、警備隊長が感嘆のせりふを吐く。

「つーか、すげー、マンコ。絞られるっつーか……カネ取れるよ、これ……うおっ、吸われるっ!」

「あかんねん、ウチ、そんな子ちゃうっ! でも……気持ちええよぉ……おチンポ、気持ちええっ!」

 警備隊長のペニスを受け入れたまま、腰を振りたくる葵。すでにペースは葵のものだった。

「あかん、あかんっ! ウチ、あかんよぅなるぅ……っ! おチンポ、むっちゃスキになってまうっ!」

 葵は尻を突き上げた。肛門がぱくぅ、広がる。

「おしりにもッ! おしりにも入れてほしいねんッ!」

「おいおい、覚醒しちゃったよ、マジで」

 警備隊長があきれつつ、同時に快感に顔をゆがませる。

 葵の尻を責めていた男がペニスをそこにあてがい、挿入。

「あーっ! 入ってくる! おしりにもっ! おチンポがっ! ウチ、壊れるぅぅぅぅっ!」

 膣と肛門にそれぞれ大人のチンポを嵌めて、よがりくるう10歳の美少女。

 その映像が全世界を駆け巡っていく。

aoi_06_b_s.jpg


 ふだんは純情で、ちょっと耳年増だが、実践はからっきしな小学四年生。

 レベル7のテレポーター、特務エスパー、野上葵。

 そのプロフィールとともに、その狂いっぷりが映像と音声で公開されてゆく。

「いくっ! またいくっ! あああああっ! オメコもおしりもいっぱいやねん……気持ちええよぉ……っ」

「葵ちゃん、そろそろ勘弁してくれよ……締めつけすごすぎて、出ちまうっ」

「こっちも、限界っす! ケツ穴がきゅーって。おっ、おあっ! おおおおっ!」

 警備隊長も、アナルに入れた男も、息も絶え絶えだ。葵の肉穴に、すべてをとろかされたかのようにうつろな表情をしている。

「出して、ええよっ! ウチの中に……っ! あっ、ああああっ! あああああんっ!」

 葵がひときわ大きく声をあげる。締めつける。男たちにとどめを刺す。

「おあっ! 10歳のマンコに……中出しっ!」

「こっちは、ケツ穴っす……っ! おっ!」

 びゅっ! びゅびゅびゅっ!

 どぽっ! どぷどぷどぷぷっ!


 二本同時に射精した。葵の内部に男たちの粘度の高い精子が撃ち込まれる。

 その異物感が最後のとどめだった。子宮と直腸に侵入してきた他人の遺伝情報。それ以上の侵略は、ない。

 最大クラスのESP波が葵の意識を灼ききった。

「あ……あ……あ……お……ぉぉおおおおおああああおおおおおおおおッ!」

 イク、を何度重ねればそのレベルに達するのかわからない。葵は最大級のエクスタシーに包まれ、一気に駆けのぼった。

 翼が――

 葵の背に翼が――

 そして、葵は昇天していく。その先の、高みへと。


    葵編 おわり

    紫穂編につづく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/219-a36a5a7f