FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

 

カテゴリ:日記

 掲示板で、ある方から「ないすか?」と訊かれていた「千景さんの断片」のバックアップを発見しました。

 なので、コピペしてみました。

 興味ない方は無視してくださいまし。



千景さんのゆううつ(仮) たぶんボツる和紀とのHシーン(↓)


 自転車をとめて、ベンチのひとつに座った。夕闇が迫っている。おぼろな街灯の光が周囲に複雑な影を投げかけている。

「おれ、あれから、ぜんぜん、勉強もなにも手につかないんです」

 和紀は首をたれた。

「部活にも集中できなくて……なんか、バラバラになりそうです」

「それ……あたしのせい?」

 千景としては困らざるを得ない。

「千景さんが悪いわけじゃないです。ぜんぶ、おれ自身の問題です」

 和紀は首を横にふる。顔をあげて、自嘲ぎみに言う。

「おれ、けっこう自信あったんですよ。女の人と、そういうことしても、そんなにのめりこんだりしないって。女なんて、そんな、たいしたもんじゃないって思ってた」

 答えようがなくて、千景は黙っていた。

 和紀は千景を見つめた。熱っぽい視線だ。

「千景さんは特別なんです。おれ、千景さんともっといっしょにいたい。恋人になりたい。そのことしか考えられないんです」

 千景は上体をそらした。

「だからね、和紀クン、わたしはもうちょっとで三十に――はまだちょっとだけ間があるけど、すぐにおばさんになっちゃうのよ? 和紀クンだったら同い年のかわいい彼女がすぐにできるって」

「同級生のガキなんて、目じゃないです。あんな、ぶさいくに顔を塗りたてているようなの、ぜんぜんよくない」

 和紀は吐き捨てるように言った。同年代の女の子に相手にされないから言っているのではない。つきあう相手には苦労しないからこそのセリフだろう。

 千景は困りながらも、悪い気はしない。若い女の子よりずっといい、と言われるのは正直いってうれしい。

 でも、和紀とつきあうわけにはいかない。やっぱり、優也の同級生だし……。

 それに、気になることがある。さっきの車のことだ。

「千景さん……おれ……したい」

 和紀が千景の腰に手をまわしてくる。息があらい。

「どうしたの……和紀クン……やだ」

 胸をさわろうとする和紀の手を払う。

「だって、まわりぜんぶ……」

 和紀が泣きそうな声で言う。

 しまった、と千景は思う。夜のこの公園は、カップル天国なのだ。あちこちのベンチでカップルがいちゃつき、中にはヘビーなペッティングにおよんでいる者さえいる。押し殺しているが、いたるところから睦み声が聞こえている。

「がまん、できないよ……千景さん」

「だめ、だめよ……」

 千景は身体をよじりながら、和紀の抱擁から逃げる。潮時だ。和紀には悪いが、ここは避けないと……。

 そのときだ。

 低いエンジン音が公園の外にひびいた。千景の心臓がはねる。あの、車だ。音が日本車とまるでちがう。ボボボボッとうなるような重低音。

 そのエンジン音がやみ、ドアがひらく音がした。

 公園の入り口のひとつに、人影があらわれた。街灯が照らす、その影しか見えない。影は、長い。

 千景は和紀の胸にすがっていた。顔を隠したかった。

 自転車を見られたらどうしよう。でも、こうして和紀と抱き合っていたら、カップルだと思って見過ごすかもしれない。

 影が千景と和紀のいるベンチに向かって近づいてくる。

「和紀クン、キスだけなら」

「千景さん……」

 和紀ががむしゃらにだきついてくる。ベンチに押し倒し、千景の唇にすいついた。舌をさしいれてくる。

 そこまでする必要はないのだ、と説明する暇もなかった。

 和紀は舌をからめながら、千景の胸をさわっていた。ブラウスのすそをたくしあげ、ブラを外そうとしている。

「だめ、破らないで」

 千景はそう言うしかない。

 和紀はうなずき、ボタンをひとつずつはずしていく。手がふるえている。

 ブラウスの前をひらき、ブラジャーのホックをさがす。後ろをさぐっている。

 千景は気が気でなかった。いまにも男がのぞきこんでくるのではないか。

 ここは、恋人同士に見せかけなければ……

 千景は自分でフロントホックを外す。

 夜目にも白い胸があらわになる。和紀は泣き声のような声をたてて、千景の胸に吸いついてきた。

 顔を見られないように、千景は和紀の頭を抱きしめるようにした。

 和紀がちゅうちゅうと乳首を吸っている。

 手は、千景のスカートのなかにもぐっていた。

 あせったように、股間を触ろうとしている。だが、千景は太股をきゅっと締めていた。そこをさわられたら、千景も自分をコントロールする自信がなくなりそうだった。

 和紀として以来、千景だって禁欲していたのだ。優也にたいする罪悪感から、オナニーさえひかえていた。

 さらにいえば、もうすぐ生理がくるタイミングなので、悶々としていたのも事実だ。千景はそのタイミングが一番ほしくなる。

「千景さん、脚、ひらいて」

「だめ、名前よばないで」

「どうして?」

「どうしても……」

 千景はすぐそばに長身の男がせまっているような気がした。

「脚開いてくれないと、大声で名前をよぶよ」

 冗談かもしれないが、和紀の声は真剣だった。欲望を満たすためには、どんなことでもしかねない。

 千景は観念した。それに、がまんも限界だった。

 太股をゆるめ、和紀の指の侵入をゆるす。

 ちゅく。

「ああっ……」

「なんだ。濡れてるじゃない、千景さん」

「やあ……やだ」

 指が、入ってきている。和紀の指は長い。千景の中に侵入して、かきまわしはじめている。

「き……きもちいい……」

 声が出てしまう。

「もっと、よくしてあげる」

 和紀は千景の悶え声に自信をふかめたようだ。

 指を二本にして、出没をくりかえす。

 すぐに湿った音がしはじめる。

 ちゅく、くちゅ、ちゅぷっ。

「だめ……あ、和紀クン……ああん……」

 千景はかすかに抵抗しようとした。だが、近くにあの男がいるとしたら――それに――すごくいやらしい気分が盛りあがっていた。

 和紀におっぱいを吸われ、あそこを指でいじられるのは、すごく気持ちがよかった。

 あの男に見られているかもしれない、という恐怖も、かえって快感を増していた。

 それでも、顔は見られないようにしなければ……。

 和紀は千景の股間を存分にいたぶった。

 そして、おもむろにキスをしてくる。

 こんどは千景から舌を入れていた。たまらない気分だ。うずいている。

「千景さん、入れたい」

「だめ……こんなところで……」

 ここは公園だ。たしかに、あちこちでカップルが楽しんでいる。でも、千景は28歳で、相手はその半分の年齢でしかない。

「がまん、できないっ」

「あうっ」

 公園のベンチに千景は手をつかされていた。おしりを高くかかげ、それを中学生の和紀が掴み、左右にひらいている。

「……また、おしり?」

 千景は半ば恐怖、半ば期待を抱いて、震え声でたずねた。

 アナルを犯されるかもしれない。前回、それはすさまじい快感をもたらしてくれた。

「おしりって、後ろのあなのこと? そんなことしたら、千景さん怒るでしょ。おれもしたことないし……千景さんのあそこに入れるよ」

 え?

 千景が疑問を抱いた瞬間、和紀のモノが膣に入ってくる感触が、すべてを消し去った。

「んあああっ、ああっ」

 喉をさらして、おめく。二ヶ月ぶりの感覚。

 千景は自分が女であることを思い知らされる。

「千景さん、やっぱり、すごいや……すごい……」

 感極まったかのように和紀は言い、腰をつかう。

「だめえ、名前……よばない……でえ」

 突かれながら、千景はなんとかうったえる。

 だが、和紀の耳にはもはや届いていないようだ。愛しい女の名前を呼びながら、その身体をさしつらぬく作業に夢中になっている。

「千景さん、千景さん……ああっ、最高だ」

 粘膜がこすれあういやらしい音がしている。ちゅくちゅくちゅくと、それは暗い公園のなかに響いた。

 千景は脳髄を痺れさせる快感に朦朧としていた。そして、顔をあげたとき、その男がいた。

 サングラスをかけている。そして、マスク。

 男の手がポケットから出た。

 一瞬だが、まばゆい光がまたたいた。

 フラッシュだ。

 千景は顔を隠して悲鳴をあげた。



--------------------------------------------------------------------------------


「千景さんのゆううつ」は2回ぶんくらいの量を書いてたんですが、中断すますた。理由は、ネタがちょっと固まってないのと、全般的なモチベーションの問題。というか、その前に書く予定のものがぜんぜん終わらないし、取り掛かれもしていない、からです。まあ、やるとすれば、一から書きなおしたほうがよいでしょう。といいつつ、せっかく書いたので、このへんも再利用する可能性もゼロではないですが。

--------------------------------------------------------------------------------
 ここ(↑)まで、当時(4年前くらい?)のテキスト。
 すっかりさっぱり忘れていました。
 千景さんが謎のストーカーに悩まされる、というお話を書くつもりでした。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/217-08c83e73