FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苺ましまろエロパロ対策会議(6) 

カテゴリ:苺ましまろ

美羽「ったく、なんだってんだよ、んとにさー」
美羽「まーこんなこともあろうかと手は打っておいたけどね」

千佳「さあ、めしあがれ」
伸恵「おお、今日はチョコケーキか」
茉莉「いいにおーい」
アナ「おいしそうですわ」
千佳「いま紅茶いれるね、もう食べてていいから」
伸恵「あたしはコーヒー、ちょい濃いめのブラックで」
千佳「んもお、だったら自分でいれたら」
アナ「手伝いますわ」
茉莉「あ、あたしも」
千佳「ありがと、アナちゃん、茉莉ちゃん」
伸恵「うーん、いいねえ、すごくかわいい子二人と、さりとて特徴のない子が仲良く立ち働くさまは」
千佳「特徴ないってゆーな――アナちゃんも茉莉ちゃんも座って食べてて」
アナ「わかりましたわ……わあ、おいしいですわー」
茉莉「ほんとだね、不思議な香り……ふわふわするよ」
伸恵「確かに、チョコの味だけじゃないな。ちぃ、これ、なに?」
千佳「えー、ふつうのチョコだけど?」
伸恵「ま、うまいから、いっか――にしても、こないな……」
アナ「どうなさいましたの?」
伸恵「うん、美羽のやつ、すぐに追っかけてくると思ったんだが」
茉莉「怒って帰っちゃったのかな?」
伸恵「それはない」
千佳「心配しなくていいよ、みっちゃんのことだから、また変な格好して飛び込んでくるよ」
アナ「そういえば、忍者装束でいらっしゃったときもありましたわね」
伸恵「あいつ、わけのわからん衣装持ってるからな……」
茉莉「あたし、ネコミミ帽子もらったことある」(注 原作です)
千佳「あ、あれかわいかったよねー」
アナ「わたしもウサミミ帽子をいただきましたわ……」
伸恵「服にこだわるわりに、気前よかったりするよな」
千佳「自分のものと人のものの区別ができないだけだよ。あたしの笛、勝手に使ったりするしさ」
アナ「わたしも服を持ち出されたような……原作のほうで」
千佳「あたしのプリンも食べちゃうんだよ!」
伸恵「おお、こわ。そういや、ちっちゃいころ、よくおもちゃ取りあってケンカしてたよな」
アナ「千佳さんと美羽さん、幼なじみですもんね……茉莉ちゃんもですの?」
茉莉「あたしは、小学校に入ってから……通学路が一緒だったから」
千佳「みっちゃんがちょっかい出したんだよね、いろいろ」
茉莉「でも、千佳ちゃんが助けてくれたから……」
アナ「ある意味……わたしも同じパターンですわ」
伸恵「まあ、あたしも、美羽のやつがまとわりついてきたせいで属性に目覚めたわけだし」
千佳「はあ? 属性ってなに?」
伸恵「う……もぐもぐもぐ。あー、ちぃのお菓子はうまいなあ」
アナ「……なんだかんだいって、美羽さんの影響をうけて、ここにいるんですのね、わたしたち」
千佳「迷惑、ともいうけどね――はい、紅茶はいったよ。おねえちゃんはコーヒーね」
茉莉「カップがいつつ……」
アナ「ひとつ、多いですわね」
千佳「あ、しまった。しゃべりながらだったから、つい」
伸恵「いや、ぴったりだ――ちぃ、呼んできてやりな」
千佳「……しょうがないなあ……いってやるか」
アナ「美しくまとまりましたわ」
茉莉「よかったね」
??「ふっふっふっ……」
伸恵「!? 誰だ!?」
??「名乗る名はない! 人呼んで美少女マスク!」
千佳「名前あるじゃん」
伸恵「また、パンツかぶって、しかも裸か?」
美羽「エロパロだからね」
千佳「銭湯いったとき、やったじゃん――原作のほうだけど」
美羽「つーかさ、アニメ版で湯につかってるときにもバスタオル巻いてるっての……ありゃいかんだろ」
アナ「浴槽にまでタオルを巻いて入るのはマナー違反ですわ」
茉莉「アナちゃんまで……」
伸恵「そうそう。そこはすっごい賛成。DVDで修正されることを期待しよう」
千佳「むりでしょ、それは……」
美羽「だから、エロパロで補完するのだー!」
茉莉「み、みうちゃんがへんなひとに……」
アナ「最初からですわ、茉莉ちゃん」
千佳「みっちゃん、あんたさー、恥ずかしくないの?」
美羽「実は、めっちゃ恥ずい」
一同「……」
美羽「でもさでもさ、これからちぃちゃんたちもするんだよ」
千佳「はあ? するわきゃないじゃん、そんなの」
アナ「ぜったい、しませんわ」
茉莉「はう~あつい~」
伸恵「ま、茉莉ちゃん、どうした? 顔が真っ赤だぞ」
茉莉「伸恵おねえちゃん……身体が熱いよう」
伸恵「うるんだ目、汗ばんだ肌――ごくっ――あ、いやいや、これはいったい……?」
美羽「ふっふっふっ……エロパロの定番といえば媚薬! 媚薬といえばガラナ! ガラナといえばガラナチョコ!」
伸恵「なにぃ!? 一服盛りやがったな!?」
千佳「え……じゃあ、あたしのチョコケーキに?」
アナ「そ、そういえば、なんだか、ドキドキしてきたような」
美羽「即効性があるらしいから、それ。じゃ、後は頼んだ」
千佳「ちょ、ちょっとみっちゃん! ――ひくっ」
茉莉「あつい~ぬぐ~」
伸恵「そ、そりゃあ、しょうがないな~。ぬぎぬぎしようか、茉莉ちゃん」
アナ「お、おねえさまが野獣モードに?」
千佳「ア~ナちゃん」
アナ「ち、千佳さん!? ケーキはお食べになってないはずなのに」
美羽「あ、ちぃちゃんは味見で大量に食べてるから。酔うとキス魔だし」
千佳「アナちゃん、かわい~」
アナ「ひゃあっ、そんなとこ、だめですわ~」
伸恵「ちぃ、あとで交替な? あたしは、いまは茉莉ちゃんを……」
茉莉「はう~、おねえちゃん、くるしいよぉ……」
美羽「かくして、二人の少女は伊藤姉妹の毒牙にかかるのであった……本編につづく」

千佳「いや、続かないから」
伸恵「考えてみりゃ、ガラナチョコだけで、そんな乱れるわけないしな」
美羽「もう醒めたか――あなどれん、伊藤姉妹」
アナ「び……びっくりしましたわ」
茉莉「まだちょっと熱いけど……へいき」
美羽「まあ、こんな感じで、本編ではぐちょぐちょにエロパロをっ!」
伸恵「しねえっつてんだろ」
千佳「まあ、いちおう多数決で決めようよ、会議なんだし。結果はみえてるけど」
美羽「か、数の暴力だあ! 横暴だあ! 圧政だぁ! 萌え殺し!」
千佳「えー、じゃ、まず、エロパロ賛成のひと~」
アナ「……」
茉莉「……」
美羽「……」
伸恵「はい」
千佳「だから、なんで」

苺ましまろ エロパロ対策会議 おしまい

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/21-d3779084

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。