FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

桜高校軽音楽部活動録・いけないライブハウス!(17) 

カテゴリ:けいおん!

「律……りつぅ……」

 泣きべそをかく澪。その澪の涙を舐めとってやる律。

 二人は幼なじみで、律は澪にとって初めてできた友達で、澪は律にとっては友達以上のもっと大事な存在で、でもそれは百合とかそういうのではなく、言葉にはしづらい関係だった。たぶん澪はなんだかんだ言いながら、律と異なる道に進むことはないだろうし、律も澪の側にいることを望み続けるだろう。
 二人は、そう、特別なのだ。

 だから。

 処女喪失も同じタイミングと場所だったのも、それで正しかったのだろう。

 わかっている。澪は律がすでに犯されたのを知って運命を受け入れたのだし、律は律で澪が処女を奪われる瞬間、それをエクスタシーを感じた。二人は人生の節目をこうしていつも迎えてきたのだ。

「秋山澪……きみのオッパイもなかなかすばらしい」

 オーナーは澪の乳房を後ろから揉みしだきながら、背中に舌をはわせる。ペニスは澪の膣に埋まり、処女喪失直後の感触を楽しいでいる。

 澪は、一生のうち、こういうことをする相手は一人だけだと思っていた。つまり、未来の旦那様だ。だから、もし男の子とつきあうことになったとしても、限界はキスまで、と誓っていた。

 それが――すでに四人とセックスしている。キスされ、乳房をなぶられ、性器をもてあそばれた。避妊具なしに立て続けに中出しされている。

 信じられなかった。

 気持ちいいのだ。

 澪の身体は男たちの愛撫を受け入れ、感じてしまっている。それが信じられない。

「ほら、どんどんいくよ」

「あ」

 律と澪の間に空間ができる。

 澪はまた恥ずかしい四つん這いにさせられ、お尻から挿入される。

「やだ……この格好……ぅあっ!」

 オーナーのペニスが子宮をこづいている。澪の子宮は刺激に敏感になっていて、ノックされると受精の準備をしてしまう。子宮がさがってきて、口をあけるのだ。

「だめっ! また。来ちゃう……赤ちゃん、できちゃうよぅ」

「はは、かわいいママにしてあげよう」

 乳首をつねりながら、奥まで。深いところまで。こすりつけるようにして――澪自身がたぶん望む深さで。

「出すよ! 精液、出すからね!」

「だめっ! 出さないで! だめだめっ! だめなのぉ!」

 澪は髪を振り乱す。

「いゃああああああっ! こ、怖い……こわいよぉ……」

 続けざまの絶頂に澪は泣き声をもらす。どうにかなってしまう――いや、もうなっている。

「やぁぁぁぁっ! うううううっ!」

 どぷっどぷぷっ! 澪の子宮が四人目のザーメンで満たされていく。


 つづく

  「けいおん!」同人誌

  

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/187-0def2800