FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

桜高軽音楽部活動録・いけないライブハウス!(14)  

カテゴリ:けいおん!

「じゃ……澪ちゃん……最初にオマンコするチンポ、選ぼうか」

 鼻ピアスが言い、澪の周囲を三本のペニスが取り囲む。

「そんな……えらべない……」

 澪は消え入りそうな声で言う。さすがにもう逃れられるとは思わないし、全身の疼きはどうしようもなくなっている。押し倒されて貫かれるならば――しかたない――くらいには覚悟を決めていた。

 でも、選べと言うのだ。

 鼻ピアスのペニスはほどほどの大きさだ。形も整っている――基準がわからないが。

 金髪カラコンのは、長くて細い。反り返っている。

 日サロマッチョは、太くてやや短い。

 迷いに迷って思考停止に陥った澪は、鼻ピアスのペニスを指さしていた。

「へへ、一番乗り」

「ちっ」

「早く順番回せよ」

 鼻ピアスは、澪の股を開かせると、対面座位の形で抱き寄せた。

「澪ちゃんの処女、いただきだ」

 澪は今更ながら恐怖に陥った。初めての時はめちゃくちゃ痛い、と聞いていたからだ。痛いのは苦手なのだ。

「い……痛くしないで……痛いのは……っ」

「最初のうちだけさ」

 鼻ピアスは言うと、無造作に挿入する。

「やっ……あ……」

 秋山澪の未開の膣に男の亀頭が押し当てられ、押し込まれていく。

 違和感。

「あったけぇ……澪ちゃんの中」

「うそ……っ、だめっ!」

 鼻ピアスは澪の尻を掴む。澪自身の腰の動きで貫通するように、引き寄せていた。

「い……いた……ぃたぃぃぃっ」

 引き裂かれた瞬間の衝撃。

 澪はのけぞった。逃げようとした。それを抱きすくめられた。

 熱い男の胸板に顔をうずめる。

 あ……ちょっと……落ち着く……かも

 だが、すぐに痛みがぶり返す。奥に、どんどん奥に入ってくる。今まで何も入れたことのない部分に、他人の肉体の一部が侵入してくる。

「あ……だ……だめ……」

 澪は腰を浮かそうとする。だが、男が突き上げる。ひん、と鳴く。

 髪が乱れる。男の胸板に自分の乳房が当たり、変形する。汗がまざって、ぴちゃっぴちゃっと音をたてる。くっついたり、離れたり、同時に澪の性器の中を男根が行ったり来たりする。

「やっ……あ……ああ……」

 痛い、ひどい、突かれて……でも。

「澪ちゃん、もう感じてんの? エロいなぁ」

「ちっ、ちがっ……ぅっ! あ……はぁぁっ!」

 脳が痺れる。痛くないわけじゃないのに、ダメなはずなのに、何か突き上げてくるものがある。

「澪ちゃんのオマンコ、すっげー気持ちいいぜ」

 いやらしい言葉を耳元でささやかれ、澪の視界が潤んでいく。声をとめられない。どんどん高まっていく。

「あっ! あんっ! はぁっ! やぁ……っ!」

           つづく

  「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/180-9b82702a