FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

桜高軽音楽部活動録・いけないライブハウス!(13 ) 

カテゴリ:けいおん!

「ふっふふ、すばらしいオッパイだ」

 オーナーは目をつけていた紬の乳房にペニスをはさんでいた。

 紬はおとなしく、オーナーの言うなりになっていた。

 最初、紬に挑んだのは若い男たちだったが、オーナーに一喝されて場所を譲った。今は、オーナーのおこぼれにあずかろうと、周囲をとりかこんでいる。
「高校一年生でこれほどとなると……将来が楽しみだな」

「ありがとうございます」

 紬は目をふせて小声で言った。

「礼儀正しいな……怖くはないのか?」

 ついと上目遣いになる紬。すぐに伏せる。

「怖いけど……興味はあります」

「ん?」

「これ……パイズリってやつですよね……一度してみたかったんです」

 紬は熱心に自分の胸でオーナーのペニスをこすっている。強制されているだけではない。

「おもしろい娘だ」

 オーナーは紬の頭をなでた。

「わたし……家が厳しくて……こういうことに興味があったけど、機会がなくて……だから、怖いけど、せっかくだから、と思って」

「ほほぅ、そうか。じゃあ、男とこういうことをするのは初めてか」

「はい」

「じゃあ、そのままくわえてみなさい」

「……はい」

 目を閉じて、乳の谷間から飛び出した亀頭を口に含む。

「おっ……おお……」

 オーナーが意外そうな声をあげる。

「う……うまいな」

「想像はしていましたから……ちょっと練習くらいは」

 紬は、亀頭の周囲に舌をはわせ、それから音を立ててキスをする。

「き……気持ちいいな……」

「ここはどうですか?」

 亀頭を乳でぎゅっとはさみ、にゅるんと出てきたところを、ちゅばっと吸う。

「おっ……あ……」

 オーナーがうめく。

「ほ、ほんとうに初めてなのか?」

「はい」

「ほんとうにほんとうだな?」

 あまりのテクに疑わしくなってきたらしい。

「尻を出してみろ。確認してやる」

「え……は……はい」

 さすがに恥ずかしいのか、耳まで赤くした紬は、言われたとおりにステージに四つん這いになった。

 白くて大きなお尻だ。形もいい。男たちは全員、とろけそうな目をその尻に集中させた。

「まったく絶品とはこのことだな」

 オーナーは半ばあきれたように呟く。彼にいわせれば、澪がいくら美形でも、唯がロリ可愛くても、律がマニアックなファンに好まれそうでも、女としては紬にはとてもかなわない。別格だ。

 もちろん、澪たちにも若さゆえの魅力はあり、男としての欲望も感じる。だが、紬にはそれとは異質なフェロモンがある。女として完成しているのだ。15、6歳ですでに。

 しかも、だ。

「処女だな……本当に」

 本当の意味で鑑賞に耐える性器は少ない。紬はその希な例だった。完全に左右対称の小陰唇、粘膜は薄ピンクで、きらきらと濡れ輝き、白人のそれよりも色素が薄いのではと思わせる。

 その膣口を広げると、完全な処女膜が残されていた。

「宝くじ並だ……これは」

「なにがですか?」

 聞き返す紬。オーナーは、少年のような高ぶりを感じているようだった。

 その証拠に、ペニスがほとんど垂直に屹立している。ぴくんぴくんと脈打っている。

「い……入れるぞ」

 思わず声がうわずった。まわりの男たちは心底うらやましそうに眺めている。

「まってください」

「今更おじけづいても……っ」

「いえ、そうじゃないんです……できたら、初めては、こっちで……」

 紬は自らの手でもうひとつの穴を広げた。

 肛門だ。しかし、そこは排泄のための穴とは思えぬほどの美しさで、広げられた部分はジュエルのような鮮やかなピンクだった。

「ずっと想像してたんです……大好きなお友達といっしょに……たくさんの男の人たちに……おしりから、されることを」

 紬の熱っぽい視線は、男達に陵辱されている澪に、唯に、律に向けられていた。

「ああ……澪ちゃん……なんていやらしい……唯ちゃんがあんなあえいで……律も……女の子なのね、すてきよ……」

 そうこうするうちに、紬の性器からは愛液が独りでにこぼれだしてくる。

 それを指にとって紬はおしりの穴になすりつける。

「お願いです……お、おしりから……犯してください……」

 そして、振り返っておねだり。

「おっ、おおおおっ!」

 オーナーは紬のアヌスに男根を突き入れていった。

「あっ! あああ……おしりに……っ! おしりにぃぃぃっ!」

 紬が乱れる。大切な仲間たちと一緒に陵辱される快楽に背徳に満悦する。

 つづく

  「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/177-a56c05f9