FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

桜高軽音楽部活動録・いけないライブハウス!(11) 

カテゴリ:けいおん!

「に、しても綺麗な色してんなぁ。子供のマンコみてーだぜ」

「クリちゃんもちっちぇえなあ、おい」

 むきっ、と包皮をずらされ、露出した陰核をクリクリされる。
「あっ……あっ……そこ……」

「唯ちゃんはクリも敏感と」

「マンコの穴、さっきからほじってるから、けっこう指入るようになったな」

 男たちがかわるがわる指を出し入れ。

「やっ、あ……あんっ」

「処女膜は破んねーよーにしないとな」

「どうせ破るんだぜ?」

「ばか、チンコで破ってやんなきゃ、唯ちゃんをこんなに可愛く育てたご両親に申し訳ねーだろ?」

「それもそうだ」

 男たちは顔を見合わせてうなずきあう。

「じゃあ、膜破らずに何本指入れられるか、勝負しようぜ」

「おいおい、それよりも、どっちが先に唯ちゃんに潮吹きを覚えさせるかで勝負しよう」

「じゃあ、折衷案で」

「よしきた、先攻な」

 モヒカンが唯の膣に指を挿し込む。

「はうっ」

 男の指がアソコに出たり、入ったり。思ったよりも痛みはなくて、むしろ中をいじられると気持ちいい。さらにいえば、お豆の部分をコシコシされると、思わず声が出てしまうほどだ。

「唯ちゃんの処女マンコの中、キツキツですげーいいぜ? これがチンポなら一瞬でイッちまうかも?」

 抜き差し、抜き差し――このリズム。

 うんたん、うんたん、と同じだ。

 そのリズムで唯もあえぎ声をもらした。

「ほい交代、じゃ二本な」

 スキンヘッドの男の指。異物感が増える。唯はのけぞった。

「はっ……あ……ぁ」

「ぬるぬるだから二本でもいけんじゃん。おーおー、感じちゃって」

 壁をこすられている。その一点で唯はひくんっ、と背筋をそらす。

「このへんか? ん? このへんか?」

 スキンヘッドが探っている。唯の恥ずかしいヒミツを探っている。

「おいおいGスポ責めは反則だぜ」

「って、見てみろよ、唯ちゃんの顔。かわいいねぇ」

「ごまかすな。交代だ」

「おいおい、早すぎねえ?」

 しぶしぶながら、スキンヘッドはモヒカンに場所をゆずる。

 モヒカンは指を三本揃えて、唯のアソコにあてがう。

「これだとチンポとあんまかわんねーな。膜やぶけっちまうかな?」

 言いつつも入れる。

「ひぁっ!?」

 唯は明らかな痛みを感じてはねた。

「入るぜ……入ってくぜぇ……」

「や……っいった……ぁ……」

 ジンジンと痛みが襲う。広げられすぎて、どこか裂けてしまったかもしれない。

「あー、唯ちゃん、がまんがまん。オッパイいじってあげるからさ」

 スキンヘッドは唯の乳首を刺激してやる。その快感で痛みを散らしてやる。

「おっ、サポートサンキュ。おれに勝ちを譲る気になったってか?」

「まさか! いっとくけど、おまえ、指で膜をちょっと破ったんだから、おれの勝ち。つまり、チンコで唯ちゃんの処女膜をいだたくのはおれってことさ」

「いや、このターンで潮吹きさせりゃあ、おれの勝ちだ」

 言うなり、モヒカンは激しく指を出し入れしはじめる。

「いたっ……やぁ……ぁぁ……ぅいぃぃぃ」

 半泣きになる唯。だが、指が唯の奥をえぐると、少しずつ声が変わっていく。

「やっ、はっ、あんっ……あっ、あっ……あっあっあっ」

「へええ、やるな。唯ちゃん、開発順調だぜ」

「ああ、いいマンコだぜ。クリもでかくなってら」

 奥から押し出されたように、唯の陰核は包皮から長く飛び出していた。

 モヒカンの指が膣癖を押し、その部分が押し出されているのだ。

「かわいい顔して、クリは実はでかかったと」

 その部分をつまむ。

「ひゃあああっ!」

 声を高める唯。もう痛みよりも何よりも、快感だけしかない。

「おい、ずりーぜ、クリと同時ってのは」

「うるせ。それよか、唯ちゃんのアクメ顔でも写メしとけって」

「はいよ……っと。ダチに送って自慢しちゃお」

「あーっ! あーっ! あーっ!」

 唯が大きく口をひらく。

 涙目で、何度も首を横に振る。

「中、こすってんの、わかんだろ?」

「ぅわかるぅ……」

「気持ちいいだろ? あ? おまんこ気持ちいいだろ?」

「きもちぃ……」

「じゃ、いってみろ、処女マンコ、指マンされてイッちゃう……てな」

 さらに激しく指を動かす。クリトリスをこすりたて、膣壁の唯の弱点を集中攻撃。

「ゃあああああああッ! それだめっ! もうだめっ!」

「処女マンコ、指マンでイッちゃうだ! ほらっ! やめちまうぞ!」

「ゃああああっ、ゃめちゃあああ、やだ……!」

 唯はおしあげてくる感覚に飲み込まれていた。

 ここでハシゴを外されたら、どうにかなってしまう。

「しょ……しょじょまんこ……っ! ゆびで、ゆびまんこで……いっちゃ……いくぅぅぅっ!」

 弾けた。

 決壊する。

 漏らしてしまった、でも気持ちいい。

「ひゃっは! 潮吹かせたぜ? おれの勝ちな?」

「ちっ……しゃーねーなー。ま、いっか。潮吹くとこ動画で撮れたし」

 男達のやりとりが頭上で交わされていたが、唯にはもはや何のことかわからなかった。

 つづく

 「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/175-5945c7b6