FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜高軽音楽部活動録・いけないライブハウス!(10) 

カテゴリ:けいおん!

 澪は、正真正銘の処女だ。もちろん、男の勃起したモノを目の当たりにする機会になど恵まれなかった。

 だから、それが最初なんなのかよくわからなかった。
 人体の一部などとは思わなかった。股間から棒が生えている。なぜ? という感覚だ。

 だから、その赤黒くてグロテスクな亀頭だとか、血管が浮き出た竿だとか、毛むくじゃらの陰嚢だとか、それらをアップで見て、脳の許容量を超えた。

 瞬間的な脳貧血だ。意識が遠くなる。

 だから、それを無抵抗に口に受け入れさせられてしまった。

 最初は金髪カラコン男のペニスだった。反り返っていて、亀頭も尖っていた。味はえずくほどではなかったが、しょっぱかった。カラコン男は勝手に腰を使っていた。

「澪ちゃんのお口……ああ、ナンもしてくれねーけど、そこがまたいいぜ」

 澪は口を蹂躙されるしかなかった。何をどうすればいいのかわからない。おそるおそる男を見上げた。その表情がツボに入ったのか、カラコン男は勝手に激しく動き出し、「うっ」と呻いた。

 口の中にねばねばしたものが広がる。何か出された、と思った次の瞬間、むせていた。手に受けたそれは白くてどろっとした粘液だった。これが――精液なのか。

「あーっ、澪ちゃん、ゴックンしてくれよ。傷つくなあ」

 尿道から残りの精液を絞り出しながら、金髪カラコン男が言う。

「まあ、最初だからしょうがないっか。じゃ、次」

 次は日サロマッチョだ。今度のは黒くて太い。亀頭も暗紫色に近い。

「舌をちゃんと動かして、なめるんだぞ」

 澪はもうわけがわからず、言うとおりにした。男の人のそういう部分を舐める日が来るとは、まったく想像していなかった。しかも複数を相手にだ。オチンチンっていろんな形と色をしているんだ……ぼぅっとした頭で澪はそう思った。

 竿を舐め上げ、亀頭を口に含む。その状態で舌を動かすと、うまいとほめられた。手でしごくことも教わった。

 細くて長い澪の指は気持ちよかったらしく、日サロマッチョは手コキで射精した。澪は男が射精する瞬間を目撃することになった。

 男の呼吸がせわしくなり、腰をカクカク動かしはじめ、手の中のモノが一段とはりつめたかと思うと、先端の切れ目から白いものが勢いよく飛び出す。それは澪の顔にかかり、目に入りそうになった。

 初ぶっかけまで体験したことに、もちろん澪は気づいていない。ただ、精液の匂いにむせそうになった。

 三人目の鼻ピアスがフェラの卒業試験だった。澪は過去二人のペニスに対しておこなったことをそのペニスに対して施した。鼻ピアスは自分のしてほしいことを澪につたえ、澪は機械的にそれに従った。陰嚢までしゃぶらされた。

 キンタマという言葉は澪だって知っている。ここがそうなのだ、というのは改めて教えられて、「そうか」と思っただけだ。

 わたし、いま、キンタマ……舐めてるのかぁ……すごいことしてるなあ……

 でも、なぜ?というところまで思い至らない。ずっともう身体がふわふわしっぱなしだ。

「澪ちゃん、上手になったねぇ……じゃあ、仕上げだよ……っ」

 鼻ピアスは澪の手コキとフェラを楽しんだ後、澪の顔を両手ではさんで、激しく突きはじめた。

「これさ……イラマチオっていうんだ……っ! 澪ちゃんのクチマンコに、たっぷり出すからね!」

 喉を突かれながら、澪は「ふわふわ時間……」というフレーズを繰り返していた。

「うっ!」

 鼻ピアスがうめき、大量のザーメンを放出したとき、歌詞はひととおりできあがっていた。

 飲み込んだザーメンはとても苦かった。



 唯は指でかきまぜられていた。

 もちろん、とっくに全裸にされている。

 ステージの端に寝かされ、二人の男にもてあそばれていた。

 二人ともこの店のスタッフらしい。一人はスキンヘッドで、もう一人はモヒカンだった。あまり店員に向いているとは思えない。

「唯ちゃんは素直でいいこだねぇ」

 スキンヘッドが唯の右側にねそべり、右手で唯のクリトリスをこすっていた。

「そうそう、全然抵抗しないし」

 モヒカンは左側に寝そべって、左手の中指を唯の中に入れていた。

「あんっ……はっ……」

「おっぱいも小さくてかわいいし」

 スキンヘッドが右側の乳首をぺろん。

「感度はすごくいいしね」

 モヒカンが左側の乳首をちゅうちゅう。

「ああっ……気持ち……ぃぃ」

 演奏とボーカルのエクスタシーで、すでにトランス状態だった唯は、男達の愛撫をわりとあっさりと受け入れてしまっていた。こんなコトしてていいのかなー、という気がほんの一瞬だけしたが、全身をまさぐられて、ペロペロされると「ま、いっか」と流してしまった。

「唯ちゃんの肌、すべすべー」

「ほんと、赤ちゃんみたいだ」

 男たちは唯の脇の下に顔をうずめ、舌を動かした。ほんとうならくすぐったいはずなのに、今の唯の身体はそれを快感として受け取ってしまう。

「ひゃんっ、はぁっ……すごっ……ぃぃよぉ」

 指で乳首を弾かれ続ける。ピンピンピンっと刺激を受けることで、いっそう充血していく。

「じゃあ、唯ちゃん、もっとあんよを開こうね」

「うや?」

 モヒカンが唯の腰を抱え上げ、赤ちゃんのおしめを替えるようなポーズにさせる。

「や……はずかしぃ」

 さしもの唯にも羞恥心がよみがえる。

 こんなポーズ幼稚園児以来だ。幼稚園のころ、おもらしをして、こういうポーズで下着を替えられたことがあるのだ。

 カスタネットをほめられた頃である。うんたん、うんたん……そんなリズムで。

「ほら、唯ちゃんのオマンコ、パクパクしてるよ-」

 広げられている。

「ひょー、処女まんこのパックリ初めて見たよ。写真とっとこ」

 スキンヘッドがケータイで唯のアソコを接写。唯は条件反射的にピースサインを出していた。

「唯ちゃん、サイコー! おれこれ待ち受けにするわ」

「えへへ」

 現在の唯の思考能力は幼稚園児レベルに退行してしまっていた。

 つづく


 「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/174-552a375f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。