FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

桜高軽音部活動録・いけないライブハウス!(9) 

カテゴリ:けいおん!

「いやっ、なに?」

 唯を抱きかかえたまま、澪はステージにしゃがみこむ。

 腕をつかまれる。悲鳴が喉にひっかかる。唯を奪われた。ふにゃふにゃの唯は男たちにステージ脇に連れて行かれる。

 男たちに押さえつけられた唯の白い脚がばたばたしているのが見える。だが、力のない動きだ。
 キーボードの前にぼーっと立っていた紬は後ろから男に抱きかかえられている。男の手が紬の巨乳を揉みしだいている。無造作にドレスを引き下げられ、釣り鐘型の乳房を露出させられる。薄ピンクの乳首を男の指がつまみあげ、こねはじめる。

「あ……あんっ」

 紬は甘い声をあげ、身体をくねらせる。その紬の唇を別の男が奪っていく……



「律、たすけて……っ! 紬と唯が……」

 澪は必死の思いでドラムの方に目をやる。

 律ならば、律ならばなんとかしてくれる。

 だが――

 そこには、呉竹に組み敷かれている少女の姿しかなかった。

 律のドレスの肩紐ははずされ、ブラが剥き出しになっていた。呉竹は律のブラを引きちぎった。こぶりなオッパイが露出した瞬間、呉竹のひげだらけの顔がそこにむしゃぶりついていた。

「ひゃあ……っ」

 律の色っぽい声。初めて聞く幼なじみの悶える声。



「澪ちゃん、お友達、みんな楽しんでるよ」

 澪をおさえつけている男が顔をゆがめた。

 一人だけではない。三人がかりだ。

「澪ちゃんってキスしたことあんの?」

 鼻ピアスをしたチャラ男ふうが聞いてくる。

 澪は必死で顔を左右に振る。

「えーっ、じゃあファーストキス、いただきー」

 鼻ピアスは澪の顔を両手で固定し、唇を合わせてくる。

「ぅーっ」

 必死で顔を背けようとする澪。だが、しっかり固定された滋養対では避けようがない。せめて唇をしっかりと引き結んだ。

 男の顔が間近にある。違和感が唇にある。ぬるっとして、煙草と酒の匂いがする。それよりも強いのは動物の匂い。

 これが、夢見ていたファーストキスなのか――鼻の奥がツンとなりかける。

「澪ちゃん、力抜いて、リラックスリラックス」

 男は笑いながら、さらに唇を押しつけてくる。唇をそのものを吸い込まれ、甘噛みされる。抵抗しようと拳を打ち付けるが、相手はひるむどころか、「澪ちゃん、かーわいい」と相好を崩す始末。

 さらに別の男二人が、澪の服を脱がせにかかる。

「いやっ……だめ」

 男たちは手慣れていて、すっぽりと脱がされてしまった。

 澪は、ブラとパンティ、そしてタイツに靴だけの姿になる。

「おーっ、エロいブラしてんなぁ」

「清純そうな顔して、いちばんのエロ子ちゃんだったり?」

 金髪にカラーコンタクトを入れたガリガリの男と、日サロ通い詰めっぽい筋肉質の男が、口笛をピューピュー吹く。

「にしても、なかなかの美乳だな」

「乳首ピンコ立ちだ」

 男たちは左右の乳首を指で弾き始める。澪の背筋に鋭い快美感が走る。

「すきあり」

 鼻ピアスが澪の口に舌を挿し込んでくる。もう拒めない。

 夢のまた夢の先だったディープキスだ。男の舌が澪の口の中をなめ回す。

「んふっ……んんっ……んぅぅぅぅ」

「あら泣いちゃった」

「うれしいんだろ?」

 涙を流している澪を男たちが楽しげに論評する。

「じゃあ、いろいろいじくって、もっと喜ばせてあげよう」

 三人の男たちは、澪をおさえつける役、キスする役、そしていじくる役を分担して、楽しみ始めた。

 乳房を乱暴に揉まれ、乳首を吸い上げられた。澪のバストは男達の唾液に濡れ、キスマークだらけになった。

 もちろん、下半身も容赦されなかった。

 まずは下着の上から指で刺激された。

「どう、澪ちゃん、気持ちいいでしょ?」

「特製下着からしみ出すお薬で、オマンコ敏感になっちゃってるしね」

 薬がより深く浸透するように、下着の布を澪のワレメに押し込むようにする。

「ぅっ、ぁっ……!」

 腰が勝手に動いてしまう。股間からしみこんでくる熱がそうさせるのだ。

「へっ、指にあわせて、腰くねらせてやがら」

 男があざ笑い、さらに指を激しく動かす。

 澪は混乱していた。恥ずかしいのに――いやなのに――死にたいくらいに悲しいのに――気持ちがいいのだ。

 キスも――舌の動きに心地よさを感じるようになっていた。三人の男たちにかわるがわるディープキスをされて、それぞれの舌の動かし方の違いに好みさえ出てきていた。鼻ピアスが――ファーストキスの相手だからなのか――いちばんいい。

 鼻ピアスの時は、自覚はないが、自分でも舌を動かしていた。

「へっ、澪ちゃんも、その気になってきたぜ」

「そろそろ、フェラとかやってもらうとするかな

 男たちは、下半身裸になり、屹立したモノを澪に見せつけた。

 つづく

 「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/173-2a5d6522