FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

桜高軽音楽部活動記録・いけないライブハウス!(7)  

カテゴリ:けいおん!

「四人ともなかなか上玉じゃないか。特にあの黒髪の子、人気出るぞ」

「そう、ベースの子ですよね、秋山澪」

 スーツの男と呉竹は桜高軽音部の演奏そのものよりも、演奏者のプロフィールの確認にいそしんでいた。
「ボーカルは、澪って子と唯って子が半分ずつか? 唯って子は頭が悪そうだが、その手の客には受けそうだな」

「平沢唯ですね。ちょっと、胸は発育不良ぎみですが」

 呉竹は手元で携帯を操作して、動画を再生していた。そこには、唯たちの楽屋でのはしゃぎっぷりが映し出されていた。隠し撮りの映像だ。

「あのキーボードの子もいいな。いい乳をしておる」

「社長、もうお楽しみの算段ですか? じゃあ、オレは田井中ちゃんで」

 呉竹がひっひっひっと嗤う。

「で、ちゃんと仕込んであるんだろうな? いつものヤツ」

「もちろん。楽屋の飲み物に、たっぷりと。全員、口にしているのは隠しカメラでも確認済みです」

「しかも、全員、特製下着まで着けてくれて、完璧だな」

「性感増強剤入りの飲み物に、興奮剤を生地にしみこませた下着――そろそろ成分が全身に、特に性器にまわってくるころです」

「演奏による興奮と錯覚しているんだろうなぁ、みんな、イキそうな表情をしておるぞ」

 ライブハウスのオーナー、というよりはこの街のピンク業界のドンとも言うべき悪徳社長は四角い顔を歪めた。



「ヤバ、なんか、すごく調子イイかも」

 律は曲間の小休止に、荒い息をはいた。

 頬がポッポッと上気して、熱いくらいだ。全身がぞくぞくしている。体調が悪いというよりは、良すぎる感じ。

「ほんとだよ、あたしたち、すごくうまくなった?」

 唯も顔が赤く、目がうるんでいる。ライトのせいもあるが汗の玉を顔に浮かべている。

「音響や機材のせいか、音もとてもいい感じ」

 見た目変わっていない紬だが、彼女も興奮していることが、胸元のポッチで見て取れる。乳首が勃起しているのだ。

 それを見て、注意しようとした澪だが、自分もさっきから乳首が痛いくらいに硬くなっていることに気づいた。エロプラなので、露出した乳首が生地にこすれてしまうのだ。フリルがあるから、ポッチが見えることはないのだが。

 何かヘンだ……という感覚は澪にもあった。だが、演奏が気持ちよすぎて、その理由を考えることもできなかった。

「実はさぁ……あたし……ちょっと濡れてる」

 小声で律が大胆にも告白する。もちろん、観客には聞こえないようにだ。

「わたしも……さっきから……」

 紬も恥ずかしそうに膝をもじもじさせる。

「あ、あたしもだよ、下着ヌルヌルして、気持ち悪い」

 唯があっけらかんと言う。

「唯、マイク!」

 澪が慌てて注意する。唯はメインボーカルだからスタンドマイクに近い。

 かく言う澪も事情は同じだった。かつて経験ないほどの濡れかたをしていた。

「ねえ、律、そろそろ終わりに」

「じゃ、次の曲やろっか。新曲いこ!」

 澪が止めるより前に、律がリズムを取り始めてしまう。澪は仕方なくベースを持ち直す。ドスン! バスドラムの音が下腹に響く。自分でも自覚しないうちに、きゅっと締め上げ――どこを?――澪は演奏に入り込んでいく。

        つづく!

 「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/169-acf83c1c