FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜高軽音楽部活動記録・いけないライブハウス!(6)  

カテゴリ:けいおん!

 キィーン――と一瞬のハウリングがあり、すぐに最適化される。

 ステージは白いライトに照らされ、まばゆい。

 暗い観客席には、パイプ椅子が並べられて、十数人のオーディエンスが座っている。

 呉竹だけはわかるが、あとは知らない顔だ。四十代のちょっと強面のおじさんがオーナーという人だろうか。スーツ姿でちょっといかめしい。それ以外はほとんど二十代で、金髪だったりスキンヘッドだったり、いかにもライブハウスに出入りしていそうなお兄さんたちだ。
「男の人ばっかり……」

 ステージの袖から覗き込んでいた澪が震え声でつぶやいた。

「ステージに立ったらもうわかんないって、行こ、澪」

「そうそう。本番ってわけじゃないし。ちょっとしたリハーサルと思って」

 律と紬が澪の手を引く。ずずず。引きずられる澪。

「おっおー」

 唯はすでにステージに出て、愛用のギターの弦をはじいる。

「すごい、すごい音」

 チョーキングで音を引っ張りあげ、その余韻を楽しんでいる。

「そりゃー、学校の機材とは違うもんな。ひゃー、ここのタイコ、すっげー」

 唯と澪は自前のギターを持ち込んでいるが、律と紬はこちらの据え置きの楽器を使わせてもらうことになっていた。

「キーボードもプロ仕様ね」

 鍵盤に指をすべらせ、ご満悦の紬。

「じゃ、いつもの感じで合わせてみよっか」

 律が、これだけは自前のスティックを手にして、みんなを見渡す。

「いいよー」

「はーい」

 唯と紬の返事から、やや遅れて、

「ぅぅ……」

 へっぴり腰の澪のかすれた声。

 見れば澪はステージの端でベースを抱えてガクブルしている。

 知らない人たちの前で、練習とはいえ、演奏するのがプレッシャーなのだ。

「じゃ、桜高軽音部、演奏させてもらいマス」

 律が部長らしくあいさつすると、スティックを叩いてリズムを取り始める。

 紬がイントロを弾き始め、唯がギターをかき鳴らす。

 ベースギターがないから、軽い、うわついた感じだ。正直、あまりうまくない。

 観客席の男たちが顔を見合わせるのがわかった。

 肩をすくめている。

 バカにしたように嗤っている者もいる。

 しょせん、高校生のお遊びだ、そんな風に口が動いたようにさえ見えた。

 ちがう、と澪は思う。

 これはわたしたちの本当の演奏じゃない。こんなんじゃない、わたしたちは。

 この演奏に足りないものを澪は知っている。澪自身だ。

 小さく深呼吸すると、腰を伸ばしセッションに加わっていった。

 澪が弾くベースの音を感じて、律が、唯が、紬が笑顔を向けてくる。みんないい表情だ。演奏が、特に、この四人での演奏が大好きなのだ。そして、それは澪も同じだ。

 ライトを浴びる。ステージの中央近くに来たのだ。唯が肩を寄せてくる。澪も肩を寄せる。

 澪のベースというピースがはまることで、曲の土台がしっかりと固まる。そこに唯のギターがからみあい、律の走り気味のドラムとおっかけっこを始める。紬のメロディが優しくかぶさり、曲に深みと彩りをそえる。

 これがわたしたちの音楽。桜高軽音部のセッションだ。

 観客席の男たちの様子が変わった。手を打ち、足を鳴らし、立ち上がる者も出はじめる。

 呉竹と、隣のスーツ姿の男もうなずいて、何かしゃべりあっている。

 でも、そんなことはもうどうでもいい。

 澪は気持ちよさに酔いしれていた。

   つづく

 「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/168-47aa940b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。