FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

桜高軽音楽部活動記録・いけないライブハウス!(3)  

カテゴリ:けいおん!

「へええ、ほんとうに四人とも可愛いんだな」

 サングラスの男が、律たち四人を出迎えて感嘆の一言。

「いやあ、そんなことあるっす!」

 律はすっかり男となじみの口調でおどけてみせる。
 このサングラスの男は呉竹といい、このライブハウスの雇われマネージャーだという。

「もうすぐ、店のオーナーとか出資者の人たちとか来るから。それまで、楽屋でジュースでも飲んでて。お手洗いも専用のが隣にあるから」

 そう言われて、店の奥の控え室に移動する律たち。まるで芸能人のような扱いに唯などはすでにスキップ気分だ。

「なんか、すごいねぇ、楽屋だってぇ」

 壁に鏡が張られ、かんたんなドレッサーが設置されている。大きなテーブルがあり、パイプ椅子がいくつも置かれている。呉竹の心遣いか、ポットに入れたお茶やジュース、お菓子の類が用意されている。

 すぐ隣にはシャワールームとトイレもある。ライブ後に汗を流すこともできるようだ。

「ライブステージもいい感じだったしょ?」

 楽屋に落ち着くと、律は『自分が見つけました』ふうに胸を張る。

「ほんと、すべてが小作りで可愛い」

 紬も目を輝かせている。たぶん、紬が知っているのは大ホールの楽屋なのだろう。

「わたしたちみたいな素人が、こんなところで演奏するなんて……いいのかな」

 澪がびくびくした様子で言う。

「何いってんの、こんなの第一歩でしょーが。あたしらの目標は、目指せ、武道館!」

 地元のライブハウスでのデビューくらい、どってことない、という律のテンションに引っ張られて、

「そ、そうだな」

 とうなずく澪。

「で、歌詞はできた?」

「え? あ……」

 カバンを抱きしめる。

「い、いちおう……は」

「おーっ、見せて見せて!」

 唯が飛びついてくる。

「ボーカルは唯だったよなー、ぶっつけで歌えんの?」

 律がまぜっかえすように言う。

「今日は練習だから大丈夫だよ。それに、歌詞がわかんなくなったらテキトーに歌うし」

「あらあら」

「おい、徹夜で描いてきたわたしの立場はどうなる」

「だから、早く見せて、澪ちゃん」

 唯が澪にせがむ。仕方なくノートを取り出す澪。ノートを取り囲む唯、律、紬。

 そして起こる笑い声。恥ずかしがる澪。

「いつも思うけど、澪のセンス、すげーよなー」
「えー、でもかわいい詩だよ-」

「女の子っぽくて私も好き」

「でもさ、この詩の通りだと、初デートで最後までいっちゃってるんじゃない? あなたの腕に抱かれて夢見るの、とかさ。二番じゃモーニングコーヒー飲んでるし」

「そっ、そういう意味じゃない……」

 真っ赤になる澪。

「でも、こんな感じ?」

 唯がギターを構えて、歌い出し部分をジャカジャカ鳴らす。

「あなたとトキメキ初デート♪ なに着ていこうか迷っちゃう♪」

 律がテーブルをとんとこ叩く。

 紬もキーボードの弾きまね。

「うきうきラバーズ ひゅーひゅーひゅー♪」

 コーラスだ。

「いいんじゃない?」

「うん、いいカンジ」

「実際の楽器で合わせるのが楽しみ」

 三人が澪を見る。

「みんな……」

 顔を赤らめて半泣きだった澪も、詩が受け入れられたとわかって、ホッとした様子だ。

「じゃあ、さっそく……」

 と律が言うと、澪は勢い込んで、

「練習か?」

 と立ち上がりかけたが、

「お菓子いただこうぜ」

 に、ずっこけた。

    つづく
 「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/165-da860fe7