FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜高軽音楽部活動記録・いけないライブハウス!(1) 

カテゴリ:けいおん!

「ええええっ、講堂が使えないぃ!?」

 すっとんきょうな唯の声が音楽室に鳴り響く。

 恒例の練習開始前のお茶会の席だ。紬が持ち込んだ今日のお菓子はクリームチーズタルト。もちろん、すでに唯のおなかの中におさまっている。
「ど、どうするの、次のライブ、あと一週間もないよ?」

「うちの講堂ボロいから、補修とかで一か月使えないんだとさ。体育館の使用許可は下りなかったし……」

 律はヘアバンドでまとめた前髪をちょっとかきあげて、面白くもなさそうに言う。

「せっかく練習してきたのに……」

 しょぼんとする唯。左手が勝手に動いているのは、発表予定の新曲のコードの形だろう。

 桜高校軽音楽部結成から数ヶ月、文化祭での初ライブを成功させ、これからガンガン演奏しようという矢先、校内でのライブ場所がなくなってしまうという事態に陥っていた。

「ねえ、ここ(音楽室)はダメなのかな? せまいけど、二、三十人くらいなら」

 縞パン事件からようやく立ち直った澪が提案する。だが、律は首を横に振った。

「さわ子ちゃんに頼んだけど、ダメだって……ただでさえ、軽音部がココを使っているの、一部の先生はいい顔しないんだってさ。ライブなんかやったら職員会議モノだって」

「困りましたねえ……」

 おっとりとした口調で紬が言いつつ、唯たちのカップに紅茶をそそいでやる。

 律はお茶をズズズとすすり、それからはたと思いついたように紬に向き直る。

「そうだ、紬んちのコネでライブハウスとか借りられない?」

 紬の父親は手広く商売をしている実業家で、楽器店も経営している。そのつながりでなんとかならないかと思ったのだ。

「そうですねえ……市民ホールくらいならなんとかなりますけど……」

 紬は少し困ったように首をかしげた。

 ちなみに市民ホールの定員は二千人だ。さすがに一介の高校の軽音楽部が埋められるキャパシティではない。

 律や澪もさすがに「それはないわ」という表情になる。

「ライブハウスくらいのサイズがいいんだけど?」

 律がねだってみるが、さすがの紬も魔法使いではない。

「ごめんなさい」

 すまなさそうに頭をさげる紬。もちろん、紬が悪いわけではない。

「うち、部費がほとんどないからね……」

 澪があきらめたように言う。かろうじて活動を認められている状態のこの軽音部に、ホールを借りるような余裕はないのだ。

「ライブ、したいよぉー! ステージでみんなとセッションしたいよー!」

 唯がぐずる。ここのところ、客の前で演奏する悦びに目覚めた唯は、ライブを渇望していたのだ。

「わーった! あたしが何とかする!」

 律がバンと机を叩いて立ち上がった。

「律、なんとかするって言ったって」

 澪が驚いたように律に声をかけるが、律はカバンを肩にかけるとずんずん出口に向かっていく。

「澪、あんたこそ新曲の歌詞、ちゃんと仕上げなよ。唯はリフを完璧にすること。紬、ごちそうさま」

「はい、行ってらっしゃい」

 紬が手を振る。

 律はそのまま音楽室を出て行った。どうやら今日の練習は残りの三人でやれということらしい。

「りっちゃん、どうする気なのかな」

「さあ、当てがあるとは思えないけど」

 唯と澪が顔を見合わせる。

 紬は茶器の後片付けを始めた。

               つづく

 「けいおん!」同人誌

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/161-be462c3e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。