FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園王者3 王者の一週間 月曜日(1) 

カテゴリ:学園王者

                 ◆月曜日◆
                 起床 07:50

 ごく平凡な高校生である一陣太助の一週間は、幼なじみの志村真奈に起こされることで始まりを告げる。

「太助ちゃん、早く起きないと、また遅刻しちゃうよ!」

「むうう……あと5分……」

 あまりにもベタな命乞いをしながら安楽な眠りの世界にしがみつく太助だが、小学校時代からのお隣りさんで保護者意識の強い幼なじみにかかってはどうしようもない。

「だめだってば! 太助ちゃん、学園王者なんでしょ? ほかの生徒の模範にならなきゃ――はいっ!」

 ふとんをはぎとられて一回転。ベッドから転げ落ちる。

「うう……乱暴だぜ、真奈」

 見あげたところには、むっちり太股と、白いパンティ。

 真奈のスカートの中を見上げる格好になっていた。

 しかも、股間は朝のお約束できれいな三角錐を描いている。

「もおっ、太助ちゃんのエッチ!」

 パンツのしわのより具合や凹凸を鑑賞する間もなく、真奈のキックにより不本意ながら完全覚醒する太助であった。
 
「真奈ちゃん、今週もウチのバカ息子をよろしくね」

「あ、はい、おばさん、まかしといてください」

 真奈に引っ張られて一階に下りると、太助の母が出勤直前だった。夫と死別後、太助を女手一つで育てた一心香津美だ。見た目20代で通る童顔だが、一児の母らしくGカップの立派な胸――それをスーツで固めている。

「今日も残業なんで、太助の晩飯、たのんじゃっていいかな?」

「了解です。ウチの父さんも太助ちゃんが晩ご飯にいないと文句いうくらいなんで……」

「あー、健之輔さんにもなんかお礼しないとね」

 香津美がすまなそうに言う。

「いいですよー、うちの父さん、おばさんのファンだから、舞い上がっちゃいます」

 健之輔というのは真奈の父親だ。妻を亡くしてから十年あまり、真奈を男手ひとつで育ててきた。

 母のいない志村家と、父のいない一心家は、ある意味、たがいを補完しあう関係だった。真奈は香津美をほんとうの母のように慕っているし、太助に「父親」とは、問うたなら、写真でしか知らない実の父親よりむしろ、ぬぼーとしてとらえどころのない健之輔おじさんの顔が浮かんできてしまう。

 そんな関係なのだ。

「あー、真奈ちゃんがうちの娘になってくれたらなー。でも、太助じゃ無理かー」

「それだったら、おばさんがうちのお父さんのお嫁さんになってくれればいいんですよー」

「それ採用――って、健之輔さんは面食いだから無理無理――じゃ、あとよろしくっ!」

 いつもの軽口の交換のあと、香津美は元気よく出勤していく。香津美の仕事はフリーの編集者で、時間が不規則だ。泊まり込みになることも多く、そういう時は、太助は志村家で晩ご飯を食べ、お風呂に入ることになる。

 今週も、ほとんどの日がそうなることだろう。

「太助ちゃん、急ご、ほんとに遅刻しちゃうよ」

 明るく笑う真奈にせっつかれて、太助は出発の支度を始める。
 

                    登校 08:20

 太助と真奈が通う小徳学園は山地ひとつをまるまる擁する広大な学園である。

 だが、太助と真奈の住む住宅団地からは直通バスが出ているので、ドアツードアで20分くらいだ。もともと「近いから」という理由で進学を決めたくらいだ。

 最寄りのバス停から校門まで並んで歩く。まわりは小徳学園の生徒ばかりだ。

 学園王者だからといって、太助は一般生徒と何ら変わりはない。ふつうに登校する。

 少なくとも、校門をくぐるまでは――

「じゃ、あとで教室でね」

「おう、昼の弁当楽しみにしてるぜ」

「ふーん、しらないよー、べーだ」

 校門のところで真奈と別れる。真奈はまっすぐ教室に向かうが、太助が向かうのは小徳館という建物だ。鉄筋コンクリート造り3階建のこの建物に学園王者の執務室があり、必須の授業に出るとき以外はそこに詰めて緊急事態に備えていなければならない。

 真奈と別れて数歩、太助の側に気配がわいた。

「太助さま、おはようございます」

「風花か」

 中等部のセーラー服を身をまとったウルフカットの女生徒だ。繊細な美貌にスレンダーなその肢体は、そのまま少女モデルになっても通用するだろう。が、身のこなしが尋常ではない。なにもないところから忽然とあらわれ、太助の耳元にささやきかける。

「この週末、具体的な事件はありませんが、学内に異様な気が満ちてきております。生徒会長も憂慮されているようです」

 風花と呼ばれたこの少女は、元・風魔忍軍くのいち衆の頭領だった。今は小徳学園中等部に籍をおき、太助のために働く奉仕隊の一員である。

「ああ、月曜朝のミーティングで何か話があるかもな……」

 太助はさりげなく周囲に目をやる。風花と同じ制服を着たあどけない少女たちが絶妙な距離をとって歩いている。

「ところで、あれって護衛? やめろって言ったはずだけどな」

「それがわたしたちの任務ですから」

 太助の傍らを――半歩さがりながら――音もなく往く風花が頭をさげる。

「太助さまは時空にまよいしわれらを救ってくださった恩人。この身体のすべてを捧げても尽くす所存」

「だから、いいって、そういうの」

 太助は困り果てて手を振った。

 そうこうするうちに小徳館に到着する。

「みぃていんぐ中、館はわれらが警護いたします」

「てゆうか、授業出たほうがいいよ、風花も、みんなも」

「問題ございません。現し身の術がありますゆえ」

 風花が薄く笑う。

 ためいきをつきつつ、太助は小徳館に入る。

                             つづく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/156-29c31c2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。