FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対破廉恥ルドレン 2nd Sex ザ・ハウンド応答せよ act.15 

カテゴリ:絶対可憐チルドレン

 初音は四つん這いになり、明のマウントを待った。初音が自分からその姿勢を取ったのだ。

「明」は初音の尻を無造作にまたぐと、深々と挿入した。

 明は、自分でないモノが操る自分の肉体と初音が性交しているのを見ていた。まさかこんな形で実現するとは……
 その日が来ることを想像したことがなかったわけではなかった。子供のころから、それこそお互いオシメをしている頃からのつきあい。初音の裸はずっと――数年くらい前まで一緒に風呂に入るくらいだったから、よく知っている。いや、知らない。あんなに胸がふくらんでいることも、腰がくびれて、ヒップが張り出していることも。アソコの粘膜が壊れてしまいそうなくらい淡いピンクで、クリトリスが充血しても包皮からわずかに顔を覗かせる程度ということも――

 その身体を男たちが蹂躙し、さらに「明」によってむさぼられていることも、その光景が撮影されて全世界に流されていることも――

 想像の埒外、ありえべからざる悪夢、そして、現在進行形の現実。

「ハツネノマンコ、イイ。コジカトオナジクライ、イイ」

「あっ、明のオチンチン、すごい……よっ! あきら、あきらぁっ!」

 初音は「明」のペニスで膣癖をこすられて、半ば意識を飛ばしていた。小鹿圭子と性器の具合を比べられていることも、もちろん理解していない。

 明と一緒に気持ちよくなることしか考えていない。

「あきらっ! きもちいっ! きもちいいっ! 初音、すごく、気持ちいいっ!」

 体位を自ら変えることを求め、「明」と抱き合い、初音は乱れた。

 唇を合わせ、舌をからめ、「明」の上で腰を振りもした。

 最後は、やはりバックだった。初音の丸い尻を抱えて、「明」はガンガン突きまくる。

「ああっ! あっ! あきらっ! あきらぁぁぁっ! ぃくっ! 初音、いくっ!」

 初音がきゅいきゅい締め上げるたびに、アヌスがひくつくのを「明」は興味深げに見つめていた。

「コッチノアナモ、オモシロソウダ」

 指をこじ入れる。

「ひぁっ! ぁあああっ! 明、そこ、ちが……」

「ニンゲンハ、コッチモツカウトオソワッタ。ドンナコガウマレルカシラナイガ」

 犬にしてみれば、交尾はあくまでも種付けのためにおこなうものだ。人間のように、「別の穴」を使うことなど考えない。だが、「明」となっているドーベルマンの意識は、人間の性行動にいたく興味があるようだった。

「ソウダ――オレノカラダヲツカオウ」

「明」は、ドーベルマンの明に視線を向けた。

「おしっ……おしりはダメっ! んあああっ! ぃくぅぅぅっ!」

 初音が子宮をペニスで突き責められ、肛門を指でもてあそばれながら、一気に絶頂に達する。

「明」も射精する。ほかの牡の精液をかきだした上で、子宮の入口に亀頭を密着させながら、たっぷりと。

                             つづく

                     「絶対可憐」で同人誌を検索!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/153-c3b25ed1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。