FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

同級生マニア倶楽部 ~鳴沢唯の場合~(3) 

カテゴリ:同級生2

 亀頭を唯の粘膜に触れさせる。唯のそこは潤い、そして熱かった。

 芳樹は、そういえば、部室にコンドームはなかったなあと思いつつ、唯の中に自分をもぐりこませていく。唯から「つけてくれ」と言われなかったから、ナマでもいいに違いない。

 亀頭を唯の粘膜に触れさせる。唯のそこは潤い、そして熱かった。

 芳樹は、そういえば、部室にコンドームはなかったなあと思いつつ、唯の中に自分をもぐりこませていく。唯から「つけてくれ」と言われなかったから、ナマでもいいに違いない。

 ずぷ。

 く。

 抵抗があった。せまいな、と芳樹はうれしくなった。ガバガバの唯ちゃんなんて想像できない。イメージがこわれずにすんだからうれしかった。

「くうっ……」

 唯が苦鳴をもらした。制服におおわれているが、背筋にすごく力がこもっているようだ。

 もしかしたら、と思った。芳樹の下腹部から歓喜がわきおこってくる。すぐにも射精しそうだ。

 こらえた。

 そして、さらに侵入をこころみる。

 ピリッ

「はうっ!」

 唯がソファに顔をうずめ、うめいた。

 まちがいない。破った感触がある。唯は処女だったのだ。その証拠に、半分ぬいた芳樹の男根に、その徴がついている。

 撮れた。

 そのほうが重要だった。唯の破瓜の瞬間を撮影したのだ。

 最高だった。芳樹はくぐもった声をあげつづける唯のヒップをつかんで、腰を叩きつけながら、勝利の快感に酔いしれていた。

「いっ……いたいよ……おにいちゃ……ああっ」

 唯が小さく悲鳴をあげる。

「唯……唯ちゃん……バージンだったんだね……う、うれしいよ、ぼくはっ!」

 芳樹は唯の奥に、奥に、自分自身を押し込みながら歓喜の叫びをはなった。

「おにぃ……じゃな……芳樹くん!?」

 唯が芳樹を見上げる。一瞬にして陶酔から醒めたようだ。

「うそ……っ、どうして……やっ、やああああーっ!」

 唯がパニックを起こして逃れようとする。

 芳樹は体重をかけてその企てを潰す。唯の肉体ごと。

「うっ……あ……やめて……やめてよぉ……」

「なにいってるの、唯ちゃんがぼくのこと誘ったんじゃないか。もう忘れちゃったのかい?」

 芳樹は、唯の後ろからのしかかり、胸のあたりを制服の上からまさぐる。ああ、大きすぎず、小さすぎない唯のふくらみ。やわらかい。どうしてこう女の子は柔らかい成分でできているんだろう。特に唯のやわらかさは、肥っているわけでもないのに――最高すぎる。

「お、おねがい……唯……初めては……初めては……おにいちゃんに」

「もう遅いよ、唯ちゃんの処女はぼくがごちそうになっちゃったよ。わからない? ほら、奥唯ちゃんのオマンコをえぐってるのがっ!」

 ゴンゴンゴンッ!

 いちばん奥まで突く、突く、突く!

「ああっ! いやっ! いやだぁっ! いっ!」

 初体験で子宮口をナマ亀頭でつつき回され、唯が苦鳴をあげる。

「ひゃあ……唯ちゃんのおまんこが締めつけてくるよ……ほら、カリでヒダをこすってるの、わかるかい? 入口近くをいま擦って……奥へっ!」

「きゃあああっ!」

                          つづく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzukix.blog22.fc2.com/tb.php/134-45bef39d