FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

かるくつぶやいてみる 

カテゴリ:日記

 こんどの「けいおん!!」のサブタイトルが「部室がない!」だったので軽く霧吹きました

 そーか、りっちゃん部長がきっと練習できる場所を探していて、怪しいライブハウスに入り込んで、メンバー全員ヤラれちゃうんですね! ><

 いや、そんなはずはないので大丈夫です。

 それにしても2期はりっちゃんがたのもしいですなあ。可愛くて明るくて彼氏力まであって、ほんと惚れるわ。



学園王者3 王者の一週間 火曜日(10)  

カテゴリ:学園王者

「はっ、おれはいったい……」

 ベッドの上で太助は意識を取りもどした。どうやら薬のせいでぶっとんでいたらしい。

 あたりを見渡すと、ベッドの上に全裸の少女が二人、横たわっている。

 二人とも、膣とアヌスから大量の精液を垂れ流している。前後の穴に数発ずつ射精されたようだ。

「こんな……バカな……」

 太助は血の気が引いていくのを感じる。

「なんてことをおれは――」

 頭をかかえる太助。そのタイミングを見計らったかのようにドアが開き貴水が現れる。その背後には奉仕隊の女子たち。

「お疲れ様、太助クン」

 おしぼりタオルで太助の身体を清めていく。

「会長、おれ、人としてしてはならないことを……っ」

「いいのよ、太助クン。あの二人から<魔>の気配は一掃されたんだから。放っておけば、あの二人は自分自身も、周囲の人々も、みんな不幸にしてしまっていたわ」

「でも……」

「見てみなさい、あの子たちの寝顔」

 少女たちも、奉仕隊の女子の手で後始末されている。全身くまなく――特に股間は念入りに――ぬぐわれている。

 そうされながら、少女たちは無邪気であどけない寝顔のまま目を覚まさない。

「目が覚めたらあの子たちは保健室のベッドに寝かせられていることを知るわ。もちろんこの部屋での記憶は残っていない」

 自分の意志で太助に奉仕することを決意した者以外は、王者ルームで太助に抱かれた記憶を失う。これも、王者ルームの――小徳学園に作用する時空のゆがみの効能だった。

「あなたはこの子たちを救ったのよ、太助クン。自信を持って」

 そうかなあ、と、太助は首をひねる。

「で、太助クン、覚えてる? あと一人いたの」

「あ、そういえば」

 五年生の子が一人いたはずだ。

「太助クンが夏美ちゃんとゆりちゃんに入れ込んだせいで、今日は時間がなくなっちゃった。今週末にもう一度……ね」

 たしか――相澤立華。外国人の血が混ざっているためか、不思議な眼をしていた。

 夏美もゆりも掛け値なしの美少女だったが、立華は次元が違った。国民的美少女コンテストでぶっちぎり優勝するレベル――それでも生ぬるいかもしれない。

 貴水がため息をつく。

「それにしても立華って子――綺麗よね」

 同性にして絶世の美少女・貴水小夜子に吐息をつかせるほどの美貌なのだ。

 とにもかくにも長い長い火曜日がようやく終わった。

 明日は水曜だ。

学園王者3 王者の一週間 火曜日(9)  

カテゴリ:学園王者

「ふう……」

 息を吐きながら太助はペニスを抜く。

 亀頭からまだ精液がにじみ出ており、ぽっかりと孔になったゆりのアナルと糸がつながっている。

「お、王者さま、つ、つぎは、あた、あたしッ」

 夏美が涙さえ浮かべて太助の股間にしがみつく。