FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーピィがんばれ 

カテゴリ:日記

 LOはちょみっと前に買っております。

 バーぴぃちぴっとさんの「音楽室の優等生」。んー、味がない。こんなもんじゃないだろう、この人は。ないしは、編集者がもうひとつ彼の伸ばし方について確信が持てていないのか。
 あと、なんというか、飢えがないですね。それが「なっちゃん」とか「辺境教授シリーズ(勝手に命名)」ではいい方に出たんですが、ドロッとしたものを書こうとしたら、なんだか「すっごい滑るよ(by 桜庭)」という感じにつながるのかもしれません。
 よほどのプロフェッショナルでない限り、飢えなくしてエロものは書けません。いじって突っ込むだけで満足する人間はエロい創作はせんとです。
 バーピィ先生には自分の欲に忠実であってほしいです。もっと壊れろ!

 うさくん、マコちゃん絵日記は面白いなあ。テレビアニメ化とかされんかなあ。そうしたら、ロリコンマンガ誌からテレビアニメ化ってどういうことですかっ、て感じですごく面白いのになあ。

 裏次郎さんのマンガ、久しぶりらしいが、よかった。うん。あれは男がとことん情けなくてダメなのがいいんです。「音楽室」でも、そこまで男をダメダメにしていったら、もしかしたら違ったテイストになったかもです。
 主人公の何が欠けているのか、そして、少女とのセックスで何が満たされるのか、これは大事なことだと思いますよ。

LOかわなきゃ。 

カテゴリ:日記

 もう発売してたか。

 あした買おう。

LO (エルオー) 2009年 03月号 [雑誌]LO (エルオー) 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/01/21)
不明

商品詳細を見る


 そういやメガストア買ってました。御免なさいサンのマンガめあてに初めて買ったんだけど、最終回でした。
 ああいうのは寝取られとは言わないなあ。「あっさり寝取っちゃいましたー」とか言ってましたけど、クスリのせいであって、心は揺らいでないからなー。
 なんかムリヤリ絵力でハッピーエンドにしたって感じですが単行本出たら買おう。

 あともう一人、みなすきぽぷりサンの作品も読めてよかった。ワルいお兄さんだなあ。もっと読みたい。

 そんな感じで、買う雑誌が増えそうだ……

COMIC MEGA STORE (コミック メガストア) 2009年 03月号 [雑誌]COMIC MEGA STORE (コミック メガストア) 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/01/17)
不明

商品詳細を見る

NTR 

カテゴリ:日記

 寝取られのことをNTRと略すらしい。
 なんでも言語化して属性にしてしまえばいいってもんじゃないが、これってエロでは古典だよね。
 ただ、昔は「お、奥さん」「いけないわ、わたしには夫が」って感じで、寝取る方に男は感情移入していたものだが、今では、寝取られる方に感情移入するようになったわけだ。
 だから何だと言われればそれまで。

 でも、そういった多様化が、現代の性文化の成熟(爛熟?)のひとつの指標であるともいえる――なんつったりして、エロ表現って、実は昔っからとうに成熟しまくっているんですよ。
 サドの「悪徳の栄え」を読んでごらんなさい。「LO」に載ってる鬼畜ロリマンガなんてまだまだ手ぬるい。
 そりゃあそうだ。人間は文字を手に入れるより先に、もちろん絵を描き始めるよりも先に、セックスしてきたんだから。
 性を表現する行為について、熟れきっていて当たり前。

 ロリもゲイも、その他のいかなる「アブノーマル」も、人類にとっては「慣れ親しんできた悪徳」のひとつに過ぎない。

 だから、たいしたコトないんですよ。NTRだって、立派なエンタテインメントさ。

 というわけで、NTRマンガを買ってみた。

シアワセ少女 (メガストアコミックスシリーズ No. 201)シアワセ少女 (メガストアコミックスシリーズ No. 201)
(2009/01/19)
たけのこ星人

商品詳細を見る


 全編NTR。でも、そんなにエグいのはないなあ、というのは、神経が摩耗しているせいか。
 女の子にもうひとつ自覚がないせいか、「寝取られて胸がきゅんきゅん痛い」というところまではいかない。絵が可愛いから実用的ではあるけれど。

 NTR巨編といえば、ミステリ小説になりますが島田荘司の「涙流れるままに」ですよ。これは凄い。



涙流れるままに (上) (カッパ・ノベルス)涙流れるままに (上) (カッパ・ノベルス)
(1999/06)
島田 荘司

商品詳細を見る
涙流れるままに (下) (カッパ・ノベルス)涙流れるままに (下) (カッパ・ノベルス)
(1999/06)
島田 荘司

商品詳細を見る

うたかたの天使たち 美耶子・外伝 リハーサル編(3) 

カテゴリ:絶対可憐チルドレン

3

 桃山園の大人ペニスをぎっちりとくわえこんだ美耶子の部分。

 じゅっぷ、じゅっぷ、小学生の無毛の性器から白濁した愛液が漏れだしてくるさまがカメラに写し撮られている。

ちゃんづけしたらイイってモンじゃねーぞっ 

カテゴリ:日記

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」

 なごむ。

 ちゃんづけは偉大だ。それだけであの暴君ワガママ娘が可愛く思えてくる。

 すばらしい。原作よりもむしろ。

 というわけでコミックス予約買い。

 長門さんのねんぷちつき。

 あーもうっ! かってしまうやないかーっ!

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (3)超限定版よっ!涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (3)超限定版よっ!
(2009/07/09)
ぷよ

商品詳細を見る
 


DMMどっとこむ 

カテゴリ:日記

 いまやたらとテレビで流れているDMM.comのCM。
 せっかくだから試してみるぜ、と思って行ってみたら、全コンテンツ半額……というわけではなくて、「半額のものもある」という感じなんですね。

 エッチなビデオやアニメも半額のモノがあったりしたのですが、新作・人気作はスルーされている感じで、わりとしょっぱくね?という感じだったのですが、エロゲ半額はちょっと嬉しかったかも。

 DLゲームはもともとパッケージ版よりは安くなっているのですが、これがさらに半額になると、わりと気軽に試せる価格な感じです。
 うづきは「通勤快楽2」ってのを買ってみました。痴漢ゲーで、内容はそれなりという感じ。でも、一日遊んで1300円はまあまあコストパフォーマンス高いかもですね。
 ちょっと古いゲームなんですが、親子連れを痴漢するのがちょっと面白かったかも。娘の方が「このゲームの登場人物はすべて18歳以上です」というお題目を忘れている感じのお子さんだったので。

 まあ、連休の過ごし方としては健全なのではないでしょうか。

 実際に痴漢するよりかは、ですが。

 「同級生」「同級生2」もDL販売中なDMM


アッー 

カテゴリ:日記

 つい買っちゃった。

ねんどろいど らき☆すたOVA  ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)ねんどろいど らき☆すたOVA ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
(2009/05/25)
不明

商品詳細を見る

 これって「らきすた」のかがみなの? それとも「初音ミク」なの?

 どっちも好きだから困る。

 どうやら、かがみが初音ミクのコスプレをやらされているという設定のフィギュアらしい。

 というか、このOVAからのスピンアウト企画か。


らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション) [DVD]らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション) [DVD]
(2008/09/26)
平野綾加藤英美里

商品詳細を見る



 

なぜ繁殖するのか 

カテゴリ:日記

 ひさしぶりに「ジュラシックパーク」を見て、思った。なぜ生き物は増えようとするのだろう。

 もとより死ななきゃいいのに。

 死は必然ではない。代謝システムは太陽エネルギーなどの供給を受けていれば、無限に継続できる。補修の材料(窒素、炭素など)は周囲にあまりあるほどあるし、生命は自己補修機能を持っているのだから。
 一度きちんとシステムが動きはじめた生命は、本来ならば「不死」なのだ。

 死は、生という「システム」が自らに取り込んだ「機能」だ。

 なんでそんなことを?

 たぶん、「変わる」ためだ。

 個が永久に存続するだけでは変化は訪れない。もしも、彼の生存に適している環境が大きく変化すれば、彼は生き続けることはできないだろう。それは、つまり、彼とともに生命そのものが永久に失われることを意味する。
 異なる環境に適応できるようにするためには、より多くの変異の可能性を持つ必要がある。
 そして、種をまいた以上は、新しい世代の生存のために、旧い世代はリソースを譲り、退場しなければならない。

 それが「死」の意味なのだ。

 つまり、より本質的に「生存」するために、生命は「個」としては死に、生殖を通じて「全」として生きようとしたのだろう。

 というか、えっちが気持ちいいのも、コドモが可愛いのも、そういった、生命の戦略にしたがった現象なのかもしれません。

 ですので、今年もうづきはえっちでロリな小説を書くことにします。

 結論。今年もダメ人間決定な。
 

あけましておめでとうございます。 

カテゴリ:日記

とりたててネタはないのですが、ご挨拶だけでも。

今年もよろしくです。

にしてもブログって難しいですね。書くこと思いつかないと見るのもイヤになりますね。

お仕事でブログやっている人たちってのはのべつ更新しているじゃないですか。あれすごいなー。

書きたいことがなくてもとりあえず写真撮って更新かける。

アクセス数が命。

改行を増やして、携帯から見た時のページアクセス数を稼ぐとか、ほとんどノルマをかかえた営業マン的発想。

まあ、携帯でブログ見るような人は定額コースなんだろうし、別にいいんだろうね。

批判とかじゃないですよ。うづきにはそういうガッツがないので、いつもうらやましく思っているのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。