FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

冷静になれない 

カテゴリ:日記

 不思議に思ってることがある。人を殺しても、ほとんどの場合は死刑になることなく、十年かそこら刑務所で生きていればOKという状況があること。刑務所の設備も改善していて上に、刑務官の横暴が摘発されて受刑者が被害者としてマスコミに露出したりもしていること。
 と、同時に、痴漢の冤罪なんてことが実際にあって、警察は容疑者の言い分なんてちっとも聞きもしないということ。

 総合すると、犯罪はやったほうが得、疑われるだけなのがいちばん損、という気がしている。
 本当にワルで、罪を犯すことになんのためらいを覚えないような人間が、いちばん得をして、しかも法律からも守ってもらえているんじゃないか。
 一方で、悪いことをしていない人間が「疑われる」「罰される」状況が、一番おそろしい。何も悪いことをしていなくても、「こいつは犯罪をするタイプ」というようにすり込まれたら、もうおしまいだ。

 ちょっと強引だけど、児童ポルノ問題もそれに似ている気がする。

 タイとかに行って子供を買っているやつ、小中学生とテレクラで知り合って買っているやつ、生徒に手を出す教師、自分の子供をレイプする親――こんなやつらは、実際に子供を傷つけ、その未来を破壊しているというのに、ただの犯罪者として扱われ、ともすれば保護される。

 かと思えば、ただの一人の子供も傷つけていない一般人が、その趣味嗜好によって犯罪者にされてしまう状況があらわれようとしている。

 やっていることは本質的に違うのに、同類とされる。
 一方は重罪、もう一方はただの趣味なのに、同じこととしてくくられる。

 もはや、呪術の世界だ。ワラ人形を作ったら殺人罪で摘発される、私家版デスノートを作ったら
大量殺人犯扱い。もしもそんなことがまかり通ったら、それは理性によって統べられている世界ではない。
 今回の「法整備」への動きには、それと同じレベルのヒステリックさを感じる。

 落ち着いて、論理的に考えて欲しい。本当に取り締まるべきものはなんなのか。
 性的マイノリティを迫害することにエネルギーを使うのではなく、子供を犯罪者から守ることに全力を費やすべきだ。そのためには、厳罰をもって臨んでほしい。

 子供の心と体を破壊する犯罪者(クズ親も含む)に人権など認める必要はない。

 

カテゴリ:日記

LO (エルオー) 2008年 05月号 [雑誌]LO (エルオー) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/03/21)
商品詳細を見る


絶滅危惧種の純ロリ漫画誌。冬の時代はこれからも続くと思うが、生き延びてほしい。ロリ漫画って、日本人にしか、そして漫画という方法論でしか、描けない世界だと思っているのです。滅んでほしくないジャンルですよ。とりあえず合法なうちは買い支えるしかない。そう思っています。

児童ポルノ規制法案に思う 

カテゴリ:日記

 むかし、こんな文章を書きました。
 http://uzukix.hp.infoseek.co.jp/talk2.html
 このときはなんとか回避できたことが、今回はどうやら逃れられないところまで来ているようです。
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news097.html

 児童ポルノの単純所持の罰則化、そして、イラストやコミック、ゲームにおける未成年の性表現の規制。
 自民党も法整備に動きはじめていて、世論の流れもそれ後押し。
 なにしろ、それに反対しようものなら「ロリコン」呼ばわりされて社会的な立場を失いますからね。言論封殺しやすいったら、ないです。

 うづきの意見は、今も昔も変わりません。「現実の子供を傷つけた犯罪者には生まれてきたことを後悔するくらいの厳罰を。ただし、それが空想のなかでだったらナニやってもOK」
 だってそうでしょう。殺人は明確に罪ですが、世に殺人を扱った創作のいかに多いことか。

 ただ、それらを混同している人のあまりに多いこと。よほど知能が低いのか、あるいは、狡猾なのか、どちらなんでしょうね。
 たとえば、この人。
 http://www.agneschan.gr.jp/news/index.php?year=2008#1
 タイの児童売春と、日本の児童ポルノ規制に、いったい何の関係があるんでしょう。日本人が児童ポルノを作るためにタイで児童買春をしているというなら、それを徹底的に取り締まればいいじゃないですか。生きたまま皮をはぐとかとか、睾丸つぶすとか、いろいろ方法はあります。そっちを議論せいよ。
 実行をともなわない妄想まで取り締まる必要がどこにあるというのか。

 本当に、疑いたくなります。
 単に頭悪いだけだったら、黙っててほしい。そして、苦しんでいる子供を救ってあげてほしい。基本的に貧困が原因なわけですから、アグネスさんは私財をなげうってでも、その子たちを救ってあげてください。あなたなら100人は救えるでしょう。この運動にはヤフーとマイクロソフトも協賛しているらしいので、孫さんとゲイツさんにもお願い。全財産を投げ出して、子供たちを救ってあげてください。そうしたら、たぶん問題のかなりの部分が解決しますよ?
 そうではなく、本当は別の目的があるのならば、あんたらは明確に敵です。ものを創る者にとっての共通の敵です。

 もうね、うづきは、MSオフィス使いたくないから、キングソフトかOpen Officeを使いますよ。あっ、Windows自体がアレだな、Macにすっか。Yahooはどうしよう、Yahooから飛んで来る人をブロックしようかな。冗談ですけど。

 まあ、時代の流れにはさからえないですよ。そうすると、書き手としてのうづきはじめも消えることになりますね。しょうがないけど。



 

今更なんですが 

カテゴリ:日記

キャノン先生トばしすぎ (OKS COMIX)キャノン先生トばしすぎ (OKS COMIX)
(2008/01)
ゴージャス宝田

商品詳細を見る


 ネットで話題になっていたので、興味はんぶん買ってみたんですが、序盤・中盤は、アクロバティックなエロロリマンガで、絵柄は好みじゃないし、「どうしよう」と思ったんですが……
 終盤のアツさは半端ないですね。不覚にも落涙しました。
 性的なマイノリティはつらいんですよね。同級生からの迫害が怖くて、興味もないアイドルやタレントの話につきあったりとか、そういうのは覚えがあるなあ。
 2次元ネタで普通に語り合える友達ができたときは、とても救われたものです。そういえば「げんしけん」っていう作品もありましたね。
 オタク文化だとかアキバ系だとか言われても、結局、ノーマルな人たちからすれば冷笑の対象であることには違いがありませんし、ましてやロリ系なんて、国ぐるみ、世界全体で犯罪者認定しているわけです。誰に迷惑をかけなくても、ね。
 そういう視点でいえば、この作品の主人公とヒロインのそれぞれの熱い叫びは、人間の本質をとらえているですよ。芥川賞とったなんとかかんとかよりも、こっちの方がずっとね、心に刺さる。

サイト引っ越しました。 

カテゴリ:日記

 昨夜、はたと思いついて、「超世紀莫迦」のサイトを引っ越しました。新しい場所はこのブログ同様FC2さんです。http://uzukix.web.fc2.com/

 どうも、ブログといものに慣れなくて、こちらもほとんど更新しなかったんですが、これを機会に……ってこれじゃ昨夜(正確には今朝)、書いたことと変わりませんね。
 昔のコンテンツをブログに載せ替えるのはちょっと無理だけど、新しいものを載せていくのにはいいかもですね。
 ただ、やっぱり小説はページをめくる感覚が欲しい気もするので、今のスタイルをだらだら続けるかもしれませんが。

 あと、関係ないんですが、最近は、ねこ系のサイトをよく見に行って、勝手に癒されてます。

 ねこはいい……

 

リニューアルを予定しています 

カテゴリ:日記

 正確にいうと、sakurawebのサイトを閉じます。
 かなり長い間そこで活動していたので惜しい気持ちもありますが、更新しなかったので、もういつ消えるかわからないですし、しょうがないかなと。
 引っ越し先はこのブログと同じFC2です。
 せっかくなので、FC2のサービス内容とかもうちょっと調べてみて、ブログもちゃんとやってみようかなと思っています。