FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

デPよきみはどこへ行く 

カテゴリ:ボーカロイド

 ここはアダルトサイトでした。すみません。
 
 初音ミクでアダルティというとデPことデッドボールP。

 この方ほど劇的なPはいないのではないでしょうか。

 「大人の事情によりランキングから除外」され続けたといういわくつきの人物。

 つーか、作風が中出し一直線。まさにうづき好みじゃあありませんか。

 ある意味、ボーカロイドを使わないと歌わせられないような歌詞の数々ですな……

あえて振り返ろう偉大なる先人達を(1) 

カテゴリ:ボーカロイド

 そういや、小説も「初音」書いてるなあと思いつつ、「初音」のよもやま話を。

 ブームっていうのは、その兆しを感じた瞬間がいちばん熱い。個人的には2007年の10月~11月がいちばんハマりました。毎日増えていく「市販ではありえない」曲の数々。なんだかんでいって商業作品っていうのは、「偉い人たち」がハンコつかないと市場に出ませんからね。個人が作りたモノを自由に発表できるという環境は、すばらしいのです。

 初音ミクのムーブメントはそういった「創作のチカラ」ってのを感じさせてくれました。それも、もちろん、ニコニコ動画っていう、「反応がダイレクトにわかる」場があってこそ、たくさんの視聴者がいてこそなんですけどね。

 何にせよモノを作って公開しようって人間は、自分の作ったモノに人々が反応してくれるのがいちばんの悦びなんですからね。

 というわけで、初期ブームを支えたクリエイターさんたちを振り返りたい。

 前回の「泣ける」で取り上げた人たちも、そんな初期の担い手たちです。「HMOとかの中の人」さん、「baker」さん、「流星P」さん、「ハジメテノオト」の作者さん……

 この人達にまさるとも劣らない、初期ブームの立役者といえば……そう、この人!

泣ける初音ミク 

カテゴリ:ボーカロイド

 いやなんというか、これ聴くたびに泣いてしまうわーという初音ミク曲を集めてみました。

 かつて、小室哲哉が華原朋美を評してこう言いました。「この子の声は涙腺を刺激する」(うろおぼえ)

 そういう意味では、うづきは、ミクの声は「機械ゆえの振幅のせいか妙に感情を刺激する」と思います。

初音ミク……それは箱船なのか……我らをどこに誘うのか 

カテゴリ:ボーカロイド

 このウェブログは、エロ小説を載せるためにジャンルを「アダルト」にしちゃったのですが、もともとうづきの好きなコトを書くために開設したものなので、アダルトっぽくない話題が続くこともままあります。

 もう一年半以上になるのですね……初音ミクが世に出てから。

「ボーカルシンセサイザー」というべきか何というか、その画期的さっぷりはもういい加減語り尽くされたようにも思いますが、しかし、展開はまだまだこれからのようです。

 ここにきて、supercellやlivetuneといった「大御所」に次ぐポジションの人たちもメジャーデビューを始めたようですし。

 これから、不定期に、うづきの好きなボカロ曲を紹介していきますよ……

「初音ミクって何?」とか言う人も、まずは聞いてみてください。世界が広がるかも。

 というわけで、一発目は、うづきが「初音ミク!? なにそれこわい」と思った曲……

 これを「人でないモノ」が歌っているなんて……


 

 これ、「初音ミク」が発売されて、10日目くらいでアップされているんですよ……