FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

同級生マニア倶楽部 ~鳴沢唯の場合~(最終回) 

カテゴリ:同級生2

「ほっ、ほらっ、唯ちゃん、自分でオッパイもんで、乳首をいじって!」

「そんな……で、できない……」

「ぼくは撮影で両手がふさがっているんだ。自分でもめっ!」

「ああ……はい……」

同級生マニア倶楽部 ~鳴沢唯の場合~(4) 

カテゴリ:同級生2

 痛みとも快感ともつかない感覚にさいなまれてか、唯の声が裏返る。かわいい声だ。たまらない。

「もっと顔を見せて」

 芳樹はビデオカメラで唯のアップを撮る。泣き顔の唯。泣いても可愛い子は可愛い。

同級生マニア倶楽部 ~鳴沢唯の場合~(3) 

カテゴリ:同級生2

 亀頭を唯の粘膜に触れさせる。唯のそこは潤い、そして熱かった。

 芳樹は、そういえば、部室にコンドームはなかったなあと思いつつ、唯の中に自分をもぐりこませていく。唯から「つけてくれ」と言われなかったから、ナマでもいいに違いない。

同級生マニア倶楽部 ~鳴沢 唯の場合~ (2) 

カテゴリ:同級生2


 いやらしい眺めだ。芳樹はカメラを唯のヒップに食い込ませるほど近づけて、つづけざまにシャッターを切る。

 こんな絵を今まですっと撮りたかった。隠し撮りではなく――いや、あれはあれでスリルがあっていいのだが――こんな風に撮りたい確度から、きちんと光を当てて、撮りたかった。

 ビデオで女の子があまい声をあげている。よく聞くと、同じ音程の鼻声が唯からももれていた。

「唯ちゃん、がまんせずに、さわってごらん」

同級生マニア倶楽部 ~鳴沢 唯の場合~ (1) 

カテゴリ:同級生2

 長岡芳樹は八十八学園の写真部の部長だ。

 ――と言っても部員も芳樹ただ一人。ただ一人だけの部活である。

 もっとも、それは決して芳樹にとって悪いことではない。部活動に対してはたいへん寛大な八十八学園は、写真部のためにも部室を与えてくれている。いわば、芳樹の城だった。

 その日の放課後も、芳樹は部室の現像室で長い時間を過ごしていた、

 赤い光に包まれ、現像液の匂いを嗅ぎながら、印画紙に定着していく花園を見守るのが芳樹の生き甲斐だった。今日の成果もなかなかだ。

 水野友美、篠原いずみ、南川洋子といった八十八学園が誇る美少女たちのパンチラの数々。体操服にブルマー、水着もある。変態とののしられようが、3メートル以内に入ると妊娠するとそしられようが、芳樹にとってのこれは聖なる仕事だった。

「そして、今日のハイライト……じゃああーん」

 芳樹の声は熱に浮かされたようにうわずっていた。現像液から取り出した印画紙にキスをするかのように唇をとがらせる。そこには、リボンの似合う美少女が突然の風にスカートを押さえているシーンが写っていた。

「やっぱり、唯ちゃんが最高だなぁ……ぐふっ、ぐふふふふ」